新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
火よう日のごちそうはひきがえる

火よう日のごちそうはひきがえる

  • 絵本
作・絵: ラッセル・E・エリクソン
訳: 佐藤 涼子
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

税込価格: ¥550

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1988年
ISBN: 9784566022522

出版社のおすすめ年齢:中学年〜

出版社からの紹介

みみずくにつかまっちゃった、ひきがえるのウォートン。みみずくはウォートンを自分の誕生日のごちそうにしようと決めた。さて、かわいそうなウォートンの運命は…!?ひきがえるウォートンのゆかいな冒険と、心温まる友情の物語。

ベストレビュー

冒険と友情のものがたり

とて面白いお話でした。

ヒキガエルは冬眠するのが常識の冬に、
おいしいお菓子をおばさんに届けたいからと
お手製のスキー板で出かけたウォートン。
みみずくに捕まってしまいます。
そして数日後の火曜日、みみずくの誕生日のごちそうになることを宣告され・・・。
「いぼいぼ」なんて呼びつんけんしたみみずくジョージに
気立てのいいウォートンは誠実に接します。
そして毎晩、おいしいお茶とお喋りを重ねるうちに、ふたりの間には
友情のようなものがかすかに芽生え始め・・・・。

ねずみたちやキツネや、いろんな動物たちがでてきて
とてもワクワクするストーリーになっています。
好奇心旺盛で温かい心の持ち主のウォートンという主人公が
とても魅力的なので、読んでいるこちらの心までみみずくと
同じように温かくなり、雪がとけるように心がほぐれてくる心地がします。

どきどきはらはらするようなストーリーで、長いから4日くらいに分けて読みましたが、先が気になって一気に読みたくなりました。
小1の息子もとても面白かった様子。
学校のオススメ図書のお知らせで手に取りましたが、納得!の名作でした。
(10月さん 30代・ママ 男の子5歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,320円
935円
1,320円
1,320円
990円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

550円
550円
1,650円
275円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

火よう日のごちそうはひきがえる

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら