話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ねずみちゃんとなかまたちのキラキラクリスマス

ねずみちゃんとなかまたちのキラキラクリスマス

  • 絵本
作: サム・タップリン
絵: アリソン・フレンド
訳: やまぐち りりこ
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

税込価格: ¥1,980

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年10月17日
ISBN: 9784865491845

出版社のおすすめ年齢:2・3歳〜
22×22p  10ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

「あーあ、ぜんぜんクリスマスっぽくないわ」

今日はクリスマスイブだというのに、ねずみちゃんはつまらなそう。
何が足りないのでしょう。
そこでもぐらくんは言います。

「そうだ! キラキラをさがしにいこうよ!」

ねずみくんともぐらくんは、キラキラを探しに森を歩いていきます。
すると、最初に見つけたのは、うさぎさんのおうち。
キラキラが3つもあります。
「まあ、すてき!」
ねずみちゃんは嬉しそう。さらに進んでいくと、そこにはもっと沢山の……。

確かにキラキラって魅力的。ねずみちゃんと一緒に増えていくキラキラを眺めながら、大人も改めてそう感じてしまうのは、この絵本が本当にキラキラと光るから!

絵本に組み込まれた電球がともり、ページをめくるたびにどんどん輝きを増していきます。最後に登場するのは、もちろん大きくて立派な「クリスマスツリー」。表紙のタイトルがキラキラしているのも大きなポイントですね。クリスマスを待つ時のワクワク感を盛り上げるために、大いに役に立ってくれることは間違いなしのクリスマスしかけ絵本です。


(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ねずみちゃんとなかまたちのキラキラクリスマス

出版社からの紹介

今日はクリスマスイブ。だけど、ねずみちゃんはなんだかつまらなそう。そこで、もぐらくんがいいました。「そうだ!キラキラを探しにいこうよ!」家々の窓明かりやお星さま、森にはいろいろなキラキラがありました。最後は大きなクリスマスツリーを囲んでなかまたちとすてきなパーティーがはじまります。表紙を開くと絵本に組み込まれた電球に光が灯るクリスマス絵本。

ベストレビュー

キラキラ!!!

こういう絵本が出始めると、冬の訪れが近いのとクリスマスのわくわく感を感じてきますね。
こちらのクリスマス絵本は、題名にもあるようにキラキラが魅力的な1冊に思いました。
このキラキラが、クリスマスの楽しさと輝きをまた増していますね。
イラストも可愛くて、大人が読んでも癒されます。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子9歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

660円
660円
1,078円
1,078円
1,078円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

638円
576円
1,650円
5,390円

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

ねずみちゃんとなかまたちのキラキラクリスマス

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら