話題
移動するものたち

移動するものたち(小学館集英社プロダクション)

谷川俊太郎さん推薦! 黒い夜の森を捨て、旅に出る動物たち……移民の旅の現実を描くサイレント絵本

  • 泣ける
  • 学べる
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ヒゲタさん

ヒゲタさん

  • 絵本
作: 山西 ゲンイチ
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2020年06月10日
ISBN: 9784198651145

出版社のおすすめ年齢:3歳〜
25cm・32ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

「ねこさん、ひげがりっぱね」
「はい、ひげのくにからきたものですから」

ヒゲタさんがやってきたのは、雨の夜。大きなねこが窓からのぞいていたので窓を開けると、するっと部屋の中に入ってきてベッドの上で丸くなったのです。

「おじょうさん、あまやどりさせてくれてありがとう」

朝起きると、ねこは言うのです。そして、驚くちかちゃんを「ひげのくに」に招待するというのです。

「……ひげのくに?」

名前がないというそのねこに、チカちゃんは「ヒゲタさん」と名付け、自らもヒゲタさんにもらったつけひげを付け、いざ出発です。そこは大人も子どもも、山も木もビルも、みんなひげ、ひげ、ひげで……。

話ができるねこ、ヒゲタさんと女の子のちょっぴり不思議な、いや、かなり奇妙でヘンテコな物語がはじまります。「こんな世界あるわけないよ 」そう思いながら読んでいても、物怖じしない明るく元気なちかちゃんの、ぐいぐい歩く様子に飲み込まれ、いつの間にか「ひげのくに」を堪能している自分がいるのです。

最後はドタバタ大変だったけれど、またヒゲタさんに会えるといいね。チカちゃん、おやすみなさい。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

続きを読む

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,320円
1,650円
1,100円
968円
1,320円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

440円
36,000円
572円
275円

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
    出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

ヒゲタさん

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら