話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
みみをすますように 酒井駒子

みみをすますように 酒井駒子

著: 酒井 駒子
出版社: ブルーシープ

税込価格: ¥4,180

「みみをすますように 酒井駒子」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年04月13日
ISBN: 9784908356216

A5変型判/424ページ/上製

出版社からの紹介

続きを読む

ベストレビュー

ゆめのあとさき

耳をすますと、聴こえてくるものばかりではない。
 耳をすます時、人は自然と瞼を閉じる。だから、耳をすますと、別の世界も見えてくる。
 そんなことを感じる、これは絵本作家の酒井駒子さんの初めての個展に合わせて刊行された画集だ。

 巻末の「作品リストと本の情報」のはじめにこんな説明がある。
 「本書は、酒井駒子が絵と文を手掛けた絵本、挿絵を手掛けた絵本や書籍計25冊を選び、掲載された絵の原画を収録している。」
 その数およそ300点だから、酒井駒子ファンにとってはたまらない。
 最初に手掛けたのは、1998年の『リコちゃんのおうち』という絵本。
 その次が、おそらく酒井さんの名前を一躍有名にした『よるくま』、それからそれから須賀敦子さんの文に挿絵をつけた『こうちゃん』や2009年のニューヨーク・タイムズ紙の「最も優れた絵本ベスト10」に選ばれた『ゆきがやんだら』、さらに川上弘美さんの新聞 小説『七夜物語』の挿絵と、どこまでも広がる世界。

 この画集には言葉が書かれていない。
 だから、絵本とはまた違った世界を味わえる。
 そこにいるのは読者であるあなたと、酒井駒子さんだけ。
 あるはずの言葉がなくても、きっとあなたはたくさんの言葉を耳にするだろう。その時、あなたはきっとこの画集を「読んで」いるにちがいない。

 この画集を抱いて眠ると、一体どんな夢を見るのだろう。
(夏の雨さん 60代・パパ )

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

2,310円
1,540円
1,870円
1,540円
1,430円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

4,730円
1,320円
2,200円
385円

出版社おすすめ




絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

みみをすますように 酒井駒子

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら