ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
ゴースト・ボーイズ ぼくが十二歳で死んだわけ

ゴースト・ボーイズ ぼくが十二歳で死んだわけ

  • 児童書
著: ジュエル・パーカー・ローズ
訳: 武富 博子
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年04月26日
ISBN: 9784566024724

出版社のおすすめ年齢:高学年〜
188mm×128mm 240ページ

出版社からの紹介

12歳のジェロームは、オモチャの銃で遊んでいるところを警官に撃たれる。ゴーズトになったジェロームが、自分の家族の悲しみ、周りにいるほかのゴースト少年たちの過去、発砲した白人警官の家族の苦しみなどを学んでいく魂の旅が描かれる。ブラック・ライブズ・マターの運動が広がりを見せるなか、アメリカの根深い差別問題を描いた問題作。「生きている人にしか世界は変えられない」という作者のメッセージが心に刺さる。

ベストレビュー

多くの人に読んでほしい本。

時々ニュースでも見かけるアメリカの差別問題。
どうしてこうもなくならないのだろうと、日本人の私は思いますが、そこで生きる人々はまた私たちにはわからない根強い何かがあるのでしょうか。
中学時代の私の尊敬する人物は「キング牧師」でした。
高校受験の面接でももし尊敬する人物を聞かれたら彼を答える練習をしていました(実際聞かれたかは覚えていませんが)。
それから30年経ってもまだ何もかわっていない・・・改めて考えさせられました。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子11歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,430円
1,540円
3,080円
770円
1,650円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

660円
46,200円
1,980円
4,730円

出版社おすすめ




いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

ゴースト・ボーイズ ぼくが十二歳で死んだわけ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら