新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
ゆびのすうじ へーんしん

ゆびのすうじ へーんしん

  • 絵本
作: 齋藤陽道 あわい
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2023年03月16日
ISBN: 9784752010371

出版社のおすすめ年齢:3・4・5歳〜
206mm×206mm 42ページ

みどころ

「いち」は人差し指1本、「に」は人差し指と中指の2本。
そんな風にして指で作った数字を両手で組み合わせて、おにになったりにんじゃになったり大変身!

実は『ゆびのすうじ へーんしん』の手遊びは、手話から生まれたもの。
作者の齋藤陽道さんはろう者の写真家で、日々お子さんたちと手話の手遊びを楽しんでいるそうです。
また、手話の正確さにもこだわって絵を描かれたのは、イラストレーターのあわいさん。
登場する子どもたちの手から可愛さだけでなく力強さも伝わってくるのは、きっとお二人の熱意があったからこそ。
手話と言えば「ありがとう」ぐらいしか知らなかった私ですが、親子で数字の手話をやってみると、声を発しないコミュニケーションってこんなに心と心の距離が近く感じるものなんだ! と驚きました。
いつもより相手のしぐさに意識が向いて、目と目が合って。なんだか楽しいのです。
絵本にあるQRコードを読み取れば手遊びを動画で見ることもできるので、チェックしてみてくださいね。

(近野明日花  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

1と1でなーに?
あたまに つのを つくろう
えっへん えへん
こわーい かおの……
おに!

手話の数字表現が、いろいろなものに「へーんしん!」
手話のある生活からうまれた、たのしい手あそび絵本です。

ゆびのすうじ へーんしん

ゆびのすうじ へーんしん

ゆびのすうじ へーんしん

ゆびのすうじ へーんしん

ベストレビュー

実は、手話

深く考えず、「すうじ」に反応して手に取ったのですが、
おお、これはすごい。
手遊びというのも良き良き、なのですが、何と、実は、手話数字。
それを使って、いろいろな物に変身するというのですから、愉快です。
表紙絵の子どもの迫真のなりきり具合に、
これはこどもたちがはまるとすごいことになりそうな予感。
ラインナップも、忍者や恐竜なんて、ツボでしょうねえ。
ラストの着地もお見事。
作者はろう学校出身という事で、その思いもたっぷりと。
QRコードから手遊び動画も見ることができるのも、嬉しいです。
手話の学びとしてもおすすめです。
(レイラさん 50代・ママ 男の子29歳、男の子27歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,430円
1,320円
1,100円
1,430円
1,430円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

4,400円
385円
385円
990円

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

ゆびのすうじ へーんしん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

ママの声 1人

ママの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら