新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

偉大な冒険者たち 探検と航海シリーズ (2)マルコ・ポーロの冒険

偉大な冒険者たち 探検と航海シリーズ (2)マルコ・ポーロの冒険

  • 絵本
作: ジアン・パオロ・チェゼラーニ
絵: ピエロ・ヴェントゥーラ
訳: 吉田悟郎
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥2,200

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1980年03月
ISBN: 9784566001312

31X26.8cm/32ページ

関連
古代の謎に挑戦 探検と発掘シリーズ

この作品が含まれるシリーズ

ベストレビュー

知られざるマルコ・ポーロ

伝記絵本を調べている時に出会ったシリーズです。

コロンブスの伝記はよく見かけるのですが、コロンブスに影響を与えたマルコ・ポーロについては『東方見聞録』ぐらいしか知識になく、フビライ・ハンに17年間も仕えたことは知りませんでした。

マルコ・ポーロの時代に東洋の香辛料はとても魅力的なものであったこと、また中国で生まれた発明の数々が、西洋にも影響を与えたこと。

コロンブス同様に、マルコ・ポーロも海路で渡ったような気がしていたのですが、考えてみればイタリアから中国へ向けては大陸でつながっているので、陸路も可能。

可能と言っても交通手段が整備されていない時代には途方もない時間がかかったはずです。

そしてマルコ・ポーロが中国で出会ったものを書き残しても、最初は絵空事のように思われたとしても実際に行ったことのない人たちから見れば、想像もつかない世界だったのだろうと思いました。

人々の旺盛な知識欲や探究心の先に、今の私たちがいて、その間に流れた時間と歴史に、思いをはせることができる絵本です。

伝記絵本の中には人物をデフォルメして描くものもあれば、この絵本のように細かく丁寧に当時の事物を描くものもあり、ところどころ図鑑的であり、また俯瞰した絵もありで、絵だけを見ていても楽しめます。

また、見返しにはマルコが旅したルートも載っているので、地図上で確認することもできます。

マルコ・ポーロと言ったらまず入門書的にこの本をお薦めしたいです。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子12歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,397円
990円
1,496円
1,430円
2,640円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

8,558円
6,160円
1,980円
1,430円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

偉大な冒険者たち 探検と航海シリーズ (2)マルコ・ポーロの冒険

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら