アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

発達と障害を考える本(4) ふしぎだね!?ADHD(注意欠陥多動性障害)のおともだち」 みちんさんさんの声

発達と障害を考える本(4) ふしぎだね!?ADHD(注意欠陥多動性障害)のおともだち 監修:内山 登紀夫
編:高山 恵子(えじそんくらぶ )
監修:内山 登紀夫
編:高山 恵子(えじそんくらぶ )
出版社:ミネルヴァ書房
本体価格:\1,800+税
発行日:2006年06月
ISBN:9784623045891
評価スコア 4
評価ランキング 24,775
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く
  • 30人に1人か2人

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    ADHDの人は30人学級に1人か2人の割合と考えると、私が知らなかっただけで同級生にも何人かいたんだろうなと思います。
    ADHDの子の一例を挙げ、なんでこうなるの?→こうしてみました、というのは分かりやすかったです。
    親にしろ先生にしろ周囲がADHDかも?と気付き、医療機関を受診させることが大切。親は校長に「みんなに障害を知らせてほしい」と言ったにも関わらず、校長は他の子が逆にその子を避けたりするのでは…と考えて知らせず。結果、いじめが起こってしまったという例もあるようです。周囲の理解を得ることがもっとできればいいのにな。芸能人でもカミングアウトする人等が増えて昔よりは理解が広がったように思いますが、正直まだまだなのでしょうね。

    投稿日:2016/04/09

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「発達と障害を考える本(4) ふしぎだね!?ADHD(注意欠陥多動性障害)のおともだち」のみんなの声を見る

「発達と障害を考える本(4) ふしぎだね!?ADHD(注意欠陥多動性障害)のおともだち」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いつつごうさぎのきっさてん』<br>まつおりかこさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット