宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

にいちゃんのなみだスイッチ」 ぴょーん爺さんの声

にいちゃんのなみだスイッチ 文:いとう みく
絵:青山 友美
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2017年04月15日
ISBN:9784752007876
評価スコア 4.33
評価ランキング 12,680
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く
  • 優しいおにいちゃん

    にいちゃんは、泣き虫でどんなときにでも”なみだスイッチ”が入ってよく泣くから、保育園でもみんながその都度知らせてくれるから恥ずかしいと思ってました。にいちゃんと動物園に行く日に僕は風邪を引いたのでいけなくなりました。にいちゃんが大切にしていたドキドキモンスターの人形を貸してくれたり、動物園から帰ってきたにいちゃんは、僕の為に動物の絵を描いて、縄跳び電車で僕をにいちゃんのえがいた沢山の動物を貼って動物園ごっこをしてくれた優しいにいちゃんを見直して嬉涙が出た僕でした。優しい兄弟愛は、裏表紙まで楽しめました♪いざというときには、やっぱり頼もしいにいちゃんに感動しました。

    投稿日:2019/03/13

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「にいちゃんのなみだスイッチ」のみんなの声を見る

「にいちゃんのなみだスイッチ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • いきてる
    いきてるの試し読みができます!
    いきてる
    作:中山 千夏 絵:ささめや ゆき 出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
    あなたがここにいることそれが何よりも大切なこと。


『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット