宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

さびしがりやのアーサーねずみ」 しいら☆さんの声

さびしがりやのアーサーねずみ 作:グレアム・オークリー
訳:真方 陽子
出版社:すぐ書房
本体価格:\1,456+税
発行日:1993年03月
ISBN:9784880682341
評価スコア 4
評価ランキング 24,732
みんなの声 総数 1
「さびしがりやのアーサーねずみ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 手を抜かない緻密な絵!!を堪能

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子20歳

    すごい素敵な絵\(◎o◎)/!
    1冊目からきちんと3冊シリーズで並んでいたので
    即借りてきました

    「トムとジェリー」を彷彿させるような
    とっとも楽しい場面もいっぱい
    それでいて絵が緻密なんです

    教会という神聖な場所で
    牧師さんのお話を聞いているから
    賢く
    友好的で
    大変立派な(^^ゞ猫のサムソンとねずみのアーサー

    でも・・・

    町のねずみの生活の様子とか
    上手だなぁ〜
    人間との共存をねずみの方が考えている!!

    事件はおきます!
    何度も!!

    なんといってもその解決法がすごい!!

    そうそう、ねずみのメンバーにも
    ちょっと手が掛かるのが居て・・・(^^ゞ
    これも人間の世界と同じ

    ねずみのこどもの面倒を見ている
    サムソンの場面なんて
    なんともおかしい!!

    作者は舞台美術をしていたのこと
    とにかく、絵をみているだけでも
    興味深いです

    さて、続きを・・・

    投稿日:2011/12/29

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「さびしがりやのアーサーねずみ」のみんなの声を見る

「さびしがりやのアーサーねずみ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本


おやすみ前にぴったりの絵本!本をなでたり、ゆらしたり♪

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット