新刊
ちゅっちゅとこっぷちゃん

ちゅっちゅとこっぷちゃん(文溪堂)

「しゅぱっ」「とぽーん」心地よい音の響きを赤ちゃんと楽しむ絵本

  • かわいい
  • ためしよみ
新刊
新装版 スノーマン

新装版 スノーマン(評論社)

名作『ゆきだるま』が装いをあらたに!

  • かわいい
  • ギフト

とっとこはるちゃんさんの公開ページ

とっとこはるちゃんさんのプロフィール

ママ・40代・山口県、女11歳

とっとこはるちゃんさんの声

15件中 11 〜 15件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい うわ〜っ!いきなりうんち!  投稿日:2006/09/08
うんちレストラン
うんちレストラン 作: 伊地知 英信
写真: 新開 孝

出版社: ポプラ社
山の中ではうんちはごちそうなんだって、うんちをみつけると、うんちむしがやってきて、どんどん土に変えていく。自然にはいろんな役割を持った生き物がいるんだなと感心してしまいます。大きな写真に、短い文章で小さい子にも読んで聞かせやすい本ですよ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 知らなかった、ミミズのすがた!  投稿日:2006/08/02
ミミズのふしぎ
ミミズのふしぎ 写真: 皆越 ようせい
出版社: ポプラ社
読み聞かせの指導者講習会で紹介されたのが、この絵本との出会いでした。表紙の写真がまずインパクトありです。題名の「ミミズ」というところを隠すと、まずミミズだとはわかりません!小さい子から大人まで引きつけて離さないミミズの姿、実態に、驚かされっぱなしです。ミミズって近いようで遠い存在だったのね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う キンギョってこんなにいたの?  投稿日:2006/08/02
ずら〜りキンギョ ならべてみると…
ずら〜りキンギョ ならべてみると… 作: 高岡 昌江
写真: 松橋 利光

出版社: アリス館
金魚すくいでとってきたうちのキンギョ、いつしか元の姿がわからないほど巨大化してしまいました。キンギョと言うよりは、ふなといった方がぴったりだなと思っていたら、この本を見たら、うちのキンギョもちゃんといるじゃないですか!ワキンという中国から来た最初のキンギョだったのです。題名の通り、ずら〜りとならんだキンギョは、20種類以上。ながめるだけでもなんだか涼しげで、あついこの時期にはおすすめです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あきやまただしのとぼけた絵が何ともいえません!  投稿日:2006/07/31
おおかみと七ひきのこやぎ グリム童話より
おおかみと七ひきのこやぎ グリム童話より 作: さくら ともこ
絵: あきやま ただし

出版社: PHP研究所
みんなでやろうの名の通り、劇の台本のような本文なので、テンポよく読むことができます。おかあさん方にはなじみ深いグリム童話の名作が、新しい感覚で楽しめます。何より、あきやまただしのとぼけた感じの絵が、何ともいえず楽しいので、子どもたちもひきつけられることまちがいなしです。本文中の♪マークには、ぜひぜひふしをつけて歌ってみてください。盛り上がりますよ!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う そしてまたトンネルにもどるのね!  投稿日:2006/07/23
へんしんオバケ
へんしんオバケ 作・絵: あきやま ただし
出版社: 金の星社
あきやまただしの変身シリーズ最新刊です。名前を言いながらぬけると、何故かおばけに変身してしまうというこわい?洞窟のおはなし。ちょっと無理があるぞ〜とつっこみたくなるものも中にはありますが、声に出して読みたくなる、楽しい本です。最後に洞窟から出てくるかっぱは、シリーズ1作目のへんしんトンネルへと走っていくというオチまであって、作者もなかなか商売上手だなと、苦笑いさせられました。
参考になりました。 0人

15件中 11 〜 15件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

「絵本 チコちゃんに叱られる」シリーズ チコちゃんの「エピソード:ゼロ」のおはなし

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット