しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

さんしょくおにぎりさんの公開ページ

さんしょくおにぎりさんのプロフィール

ママ・30代・岐阜県、男2歳 男0歳 男0歳

さんしょくおにぎりさんの声

5件中 1 〜 5件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 寝顔も起きた顔もかわいい  投稿日:2006/11/12
もうおきるかな?
もうおきるかな? 作: まつのまさこ
絵: 薮内 正幸

出版社: 福音館書店
写実的に描かれた動物の寝顔、特に子どもの寝顔がとてもかわいらしいです。
起きた時のあくびをしている顔もまたたまらない。
こんなに写実的にかかれているのに息子は
丸まっているリスをなんか食べ物と勘違いして食べるふりをしていましたが・・・。
きっと食べたいくらいかわいいってことでしょう。
繰り返しの文章のリズムもよく低月齢のお子さんから楽しめると思います。
 ただ、うちの息子は初めて見たのが1歳4ヶ月という時期が悪かったのか、読み聞かせると聞くものの、自分で読んでとねだることがしばらくの間全くありませんでした。
その頃はストーリーのある絵本に興味が移っている頃で、赤ちゃん時代の絵本を読まなくなってきていたタイミングだったからでしょうか。
 しかし2歳になった今は、朝起きるときなどや弟達が昼寝から目が覚める時に
「〇〇よくねているね。もうおきるかな?あーおきた。」とやると大喜びしています。
 単純な繰り返しなので、字が読めなくても自分で絵本を広げ
「いぬいねよくねているね・・・。」とやって楽しそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい たくさんの絵がとても楽しい  投稿日:2006/11/12
はやい−おそい たかい−ひくい はんたいのほん
はやい−おそい たかい−ひくい はんたいのほん 作・絵: ピーター・スピア
訳: ほしかわなつよ

出版社: 童話館出版
はんたいことばの絵本です。
はやい−おそいなら「うさぎとかめ」「手紙をくわえた鳩と電話」「のこぎりと電動のこぎり」「豆と豆の木、どんぐりと樫の木」その他、数種類の反対の物の絵が書いてあります。
 息子が1歳後半の時に買って、「まだ早いな」としまっておこうとしたのですが、見つけた息子はすぐに夢中になりました。
20以上の対になった「おおきいーちいさい」「いっぱいーからっぽ」などのはんたいことば。
それぞれに例として色んな物がたくさん、ピーター・スピアさんの魅力的な絵で描かれているのが楽しかったようです。
さかんに指差しをして色々なものの名前を親に言わせて喜んでいました。
はんたいことばの意味はわかってはいなかったけど、この本のおかげで色々な物の名前を新たに覚えました。
 眺めているだけで充分面白いけれども、対義語が理解できるようになったらもっともっと楽しみが広がると今からわくわくします。
 小さい子から大人まで存分に楽しめる絵本です。
 
 裏表紙のお茶目なイタズラも楽しい!どんな裏表紙かは是非見て確かめて欲しいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 思わずペロリ  投稿日:2006/06/22
まるくて おいしいよ
まるくて おいしいよ 作・絵: こにしえいこ
出版社: 福音館書店
 食べることが大好きの息子が1歳代前半の頃よく読みました。
初めて息子に読んで聞かせた時、実際に食べた経験があったのはすいかだけでした。
それでも何度も喜んで何度も読んでとせがんできました。リアルにおいしそうにかかれた絵の効果だと思います。
 そのうち食べるふりをして「あーむ」と言いながら絵本をペロリと舐めるようになりました。丈夫な紙だから舐められても平気です・・・。
 私はチョコレートケーキのクリームを誰かがつまみ食いした形跡が好きです。息子があれに気づくのは何歳頃なのかしら?
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい オノマトペだいすき  投稿日:2006/06/22
じゃあじゃあびりびり
じゃあじゃあびりびり 作・絵: まつい のりこ
出版社: 偕成社
 0歳代から読んでいた大好きな絵本です。
オノマトペが赤ちゃんには楽しいのでしょうね。4ヶ月くらいの時から読み終わったら泣くようになりました。こんな小さくても何度も呼んで欲しいと思うのだなと感心しました。
息子の最初の言葉が「ぶーぶー」だったのはきっとこの本の影響です。語彙数が増える過程でも「そうじき」や「ラッパ」より先に「ぶいーんぶいーん」「プップー」などを先に言っていました。1歳後半の今は赤ちゃんの泣いてるページで一緒に泣きまねをするのがかわいいです。
 何度も繰り返して読むのにも耐える丈夫さも嬉しいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 挨拶上手にと・・・。  投稿日:2006/06/22
ばいばい 改訂版
ばいばい 改訂版 作・絵: まつい のりこ
出版社: 偕成社
 ばいばいをなかなか覚えない息子の為に10ヶ月頃に購入しました。しかし最初は「ばいばい」をしている場面にはあまり興味をしめさず、出てくる動物たちに興味をしめしていました。
 実際、ばいばいができるようになっても専ら動物を指差して名前を言ってもらって喜ぶという、親の当初の目的とは違う読み方をしていたのですが、それはそれで楽しそうで良かったです。
 1歳を過ぎてしばらくしてからは、「こんにちは」の時にぺこりと頭を下げ、「ばいばい」で手を振りながら読むのを聞くようになりました。とってもかわいいです。でも何度もぺこりと頭を下げるので見てると忙しそうです(笑)
参考になりました。 0人

5件中 1 〜 5件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット