もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

あっくんパパさんの公開ページ

あっくんパパさんのプロフィール

パパ・30代・神奈川県、男の子7歳

あっくんパパさんの声

5件中 1 〜 5件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
あまりおすすめしない 結果オーライ  投稿日:2013/08/05
ぼくのだ ぼくのだ
ぼくのだ ぼくのだ 作・絵: 多田 ヒロシ
出版社: こぐま社
1本の縄を自分のものだと争うぶうとぴょん。
かえるくんの仲裁により1度は仲良く遊ぶのだが、また「ぼくのだぼくのだ」と始まってしまう。
子を持つ親なら1度は遭遇する設定になっていて楽しめると思いますが、最近教訓的な絵本に慣れているせいか、縄をひっぱり合った結果、半分になりお互い満足となる結末に物足りなさを感じたのも事実です。
参考になりました。 0人

あまりおすすめしない 先生は?  投稿日:2013/08/05
うんどうかいがはじまった
うんどうかいがはじまった 作: 寺村 輝夫
絵: いもと ようこ

出版社: あかね書房
運動会であか組のつねきちが足を引っ張る仲間をしろ組に引き渡し、しろぐみから活躍したものを無理やりあかぐみの一員にしてしまう。
競技によってそれぞれが活躍できる競技は違ってくるのでつねきちのやり方は裏目裏目に出てしまい、最後には一人ぼっちになってしまう。
うーん。絵本には先生も出てくるのですが、見て見ぬふりなのか何もしない。先生に過度の期待を抱き過ぎなのかな。「先生何とかして」と思っちゃいました。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 痛快です。  投稿日:2013/08/01
べろべろばあ
べろべろばあ 作・絵: さとう わきこ
出版社: フレーベル館
最終的にねずみがねこをとっちめる話です。

ねずみとねこがおばけのまねをしておどかしあいっこします。
たくさんのねずみが出てくる場面は、少しグロテスクではありますが、がらの悪いねこにねずみが勝つのはとても痛快です。

参考になりました。 0人

ふつうだと思う 今日で4回読まされました。  投稿日:2013/07/30
おこりんぼママ
おこりんぼママ 作・絵: ユッタ・バウアー
訳: 橋本 香折

出版社: 小学館
今日図書館で借りてきたばかりの絵本ですが、もうすぐ2歳になる息子に4回も読まされました。

ストーリーは、お母さんペンギンに怒られたペンギンの体がバラバラになってしまうという何とも残酷なお話です。

ペンギンはバラバラになった体を何とか取り戻そうとするのですが、うまくいきません。

ところが、クライマックスでペンギンが元の体に戻ります。

戻り方がとてもおもしろい本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい オンリーワンのくろくん  投稿日:2013/07/29
くれよんのくろくん
くれよんのくろくん 作・絵: なかや みわ
出版社: 童心社
黒色のくれよんが自分らしさを見つける話。

それぞれの色のクレヨンが自分らしく木を描いたり空を描いたりしている中、黒色のくろくんだけは、他のクレヨンと違って何も描けない。

ところが、他のクレヨンたちが喧嘩を始めたのをきっかけに、くろくんの活躍の場が・・・。

大人も読んでいて楽しい絵本です。
参考になりました。 0人

5件中 1 〜 5件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット