まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

さなさなさぁなさんの公開ページ

さなさなさぁなさんのプロフィール

ママ・30代・岐阜県、女3歳

さなさなさぁなさんの声

12件中 11 〜 12件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい いっしょいっしょ!!  投稿日:2008/02/14
がたん ごとん がたん ごとん
がたん ごとん がたん ごとん 作: 安西 水丸
出版社: 福音館書店
きり絵のような絵と、がたんごとんがたんごとんという楽しい音の響きが気に入り購入しました。娘に読んでいると、いつも使っている哺乳瓶や、大好きなバナナや猫という自分お身近なものが出てくるので、出てくるたび指さして「知ってるし知ってる」といわんばかりに訴えてきます。その反応を見るのが楽しくって毎日読む本の一つです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい そんな遊び方!!!  投稿日:2008/02/13
ごぶごぶ ごぼごぼ
ごぶごぶ ごぼごぼ 作: 駒形 克己
出版社: 福音館書店
音の響きと色の美しさが気に入り、娘が8ヶ月頃本屋さんで手に取りました。

気に入ってくれるかワクワクしながら読み始めると・・・絵本の内容よりページのところどころに開いている丸い穴を覗き込むのみ夢中になってました。私が覗き込んでやると大喜び!!絵本って子供にとってただの本ではなく遊び道具の一つなんだと、改めて思いました。

今では音をリズムをつけて読んでやるとキャキャッと喜び、最後のどどどーんっと言うところは大笑いします。いつまでも楽しい本です。
参考になりました。 0人

12件中 11 〜 12件目最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット