おおきなうみと ちいさなマーヴィー おおきなうみと ちいさなマーヴィー
作・絵: H@L  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
海の世界で未来を夢みるくじらのマーヴィー!絵本いっぱいに広がる青が、夏にぴったりな1冊です!

りょんさんの公開ページ

りょんさんのプロフィール

ママ・30代・神奈川県、男3歳 男0歳

りょんさんの声

2件中 1 〜 2件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい ホタルのおいたち  投稿日:2003/11/20
ちびむしくん
ちびむしくん 作: ビル・マーチン マイケル・サンプソン
絵: パトリック・コリガン
訳: 木坂 涼

出版社: 岩崎書店
名もない虫が、銀色の羽とおしりの光を手に入れてほんわかホタルという名前をもらうまでのストーリーです。絵がとてもきれいな絵本です。本の紙の質も光沢紙になっているので、色が鮮明です。また、文字に大小があって、それも絵になっているようです。段々大きくなる字は、読むときにリズムができるので、聞いている子供もおもしろいようです。虫好きの子供は、ちびむしの他にてんとう虫、青虫、蜘蛛などの仲間がでてくるお話に夢中で、今は毎晩の絵本の時間のセレクションに必ず入っています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ロケットにのった小人の宇宙人  投稿日:2003/11/20
とおい ほしから
とおい ほしから 作: 佐藤 さとる
絵: 村上 勉

出版社: 大日本図書
おなじみの佐藤さとるさんの作品で、絵は村上勉さんです。3歳の子供でもとても楽しめる話の長さになっています。不思議な小さなロケットを拾った男の子が、中に小人が乗っている事に気付き、話し掛けます。小人は自分の星に戻りたくて、男の子に助けを求めます。
星の名前がいくつか出てきたりして、宇宙に興味を持つ男の子にはぴったり。子供は、男の子が理由は内緒にして、おかあさんにお砂糖をちょうだい。と言って小人にあげるところなどにも共感するようです。何回も読んであげているうちに覚えてしまい、字が読めなくてもページをめくりながら自分でお話をするようになりました。
参考になりました。 0人

2件中 1 〜 2件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

『ねぇ、ママ? 僕のお願い!』つんく♂さん 初絵本出版記念インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット