宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

瑠璃色さんの公開ページ

瑠璃色さんのプロフィール

ママ・30代・愛知県、男7歳 男4歳 男4歳

瑠璃色さんの声

1件中 1 〜 1件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 絆と命に向き合える絵本  投稿日:2009/09/17
だいじょうぶだよ、ゾウさん
だいじょうぶだよ、ゾウさん 作: ローレンス・ブルギニョン
絵: ヴァレリー・ダール
訳: 柳田邦男

出版社: 文溪堂
 長男が引っ越しによって幼稚園の友達と別れることになってしまった
年のクリスマスの絵本として、この「だいじょうぶだよ、ゾウさん」
贈りました。
友達と離れることになってしまっても絆はなくならない
ということをわかってほしかったからです。

 大きな年老いたゾウさんと小さなネズミの子供はとても仲良し。
ネズミは年老いたゾウさんのために、眼鏡を用意してあげたり
代わりにゾウさんはネズミを守りながら、いろんなことを教えて
いってあげるのです。
でも、そんな二人に迫る別れのとき・・・。
それをゾウさんはネズミにわかりやすく気長に教えていくのです。
ネズミにとってそれは命と向き合う初めてのことでもありました。

 友達との絆、命の大切さ、命との別れ(死)をわかりやすく
丁寧に描いています。
人の生死がなんとなくわかるようになってきたら読んでほしい
絆と命に向き合える絵本です。

長男は最初よくわからなかったようですが、何度か読むうちに
ゾウさんは消えてなくなったわけではなく、ネズミの中に
いつまでも存在している、ということがわかってきたようでした。
参考になりました。 3人

1件中 1 〜 1件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

『たべものやさん しりとりたいかい かいさいします』シゲタサヤカさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット