もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

*しろくま*さんの公開ページ

*しろくま*さんのプロフィール

その他の方・40代・北海道

自己紹介
小さい頃から絵本やその世界が大好きで、大人になった今でもたまにどっぷり浸りたくなります。
残念な事にまだ夫婦だけで子供には恵まれておりませんので、「パパ」ではなく「その他」登録ですが、
子供が出来たら読み聞かせてあげたい絵本、また、自分が好きな絵本を中心に収集しております。
いい年した男が「絵本好き」なんておおっぴらには言えませんが、そんな時このサイトを知り、
早速メンバー登録。ここでなら言ってもいいですかね。
好きなもの
もちろん絵本、クリスマス、絵画やイラスト、動物(しろくま・猫)、写真、カメラ、パソコン(Mac)、デザイン、建築、インテリア、音楽、オーディオ、読書、アウトドア、キャンプ、マリンスポーツ、スノーボード、ゴルフ、自動車、ドライブ、ファームレストランやカフェ・スィーツの食べ歩き、旅行、温泉、ガーデニング、など
ひとこと
文章が上手くないので、人の心に伝わるレビューが書けるか自信がありませんが、がんばります。
「ママ」さんが多く、異色のメンバーですが、ぜひ仲間に入れて下さい。よろしくお願い致します。

*しろくま*さんの声

2件中 1 〜 2件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい こころ温まる春のおはなし  投稿日:2010/02/18
はるをさがしに
はるをさがしに 作・絵: 亀岡 亜希子
出版社: 文溪堂
おこじょのタッチィシリーズと言う事で、
2冊目に手にしたのがこの本でした。
冬眠中の大好きなくまさんに早く会いたくて
「春」をさがしに旅をするお話しですが、
すんなりとはいきません。

ほのぼのとしたストーリーもさる事ながら、
作者のやわらかいパステル画もあいまって
絵本全体からやさしい空気が流れてくる
ようです。

山の雪景色から始まって、南の町のお花畑。
季節の移り変わりを楽しめる一冊です。
タッチィの毛が冬の色から春の色に変わって
行く所もみどころです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 心のこもったクリスマス  投稿日:2009/11/28
ねんにいちどのおきゃくさま
ねんにいちどのおきゃくさま 作・絵: 亀岡 亜希子
出版社: 文溪堂
たまたま我家で「オコジョ」ブームで、そんな時、会社帰りに偶然本屋で見かけたこの絵本、表紙の可愛らしいタッチィのイラストに思わず衝動買いです。

オコジョのタッチィが、山に住むおじいさんと、そこに年に一度だけ訪れる孫のヤーコプと迎える、派手ではないけど笑顔あふれるクリスマスが大好きになります。

しかし、おじいさんが街に引っ越してしまいます。おじいさんに代わって、今年もやってくるヤーコプを悲しませない様、小さなタッチィが、小さな自分に出来る精一杯のおもてなしをしようとがんばる姿、その心使いに感動させられました。

本の帯に書いてある「さびしくないよ ぼくがいるから」この言葉にもやられました。

そして、ヤーコプとの再会、心暖まるシーンがページいっぱいに広がっています。そして更なるラストは・・・裏表紙のイラストですね。

小さなオコジョのタッチィを通して、他人を思う心、やさしさ、一生懸命になれる純粋さを感じとる事ができました。

内容もさることながら、作者のすばらしいパステル画もあいまって本当にクリスマスにぴったりの一冊だとおもいます。
参考になりました。 0人

2件中 1 〜 2件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット