猫忍 見習い忍者陽炎太とネコの父上 猫忍 見習い忍者陽炎太とネコの父上
作: 橋本 愛理 絵: 月戸  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
ドラマ&映画版「猫忍」の主人公である陽炎太(かげろうた)の幼少期を描く、スピンオフノベライズ作品!

亀岡 亜希子(かめおかあきこ)

亀岡 亜希子(かめおかあきこ)

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

11件見つかりました

表示

わすれものをとどけに

わすれものをとどけに

作:亀岡 亜希子  出版社:CR企画(いのちのことば社)  本体価格:¥1,400+税  
発行日:2016年11月  ISBN:9784264033790
さいこうのスパイス

さいこうのスパイス

作・絵:亀岡 亜希子  出版社:PHP研究所  本体価格:¥1,100+税  
発行日:2013年08月01日  ISBN:9784569783406
  ためしよみ
あしたもきっとチョウ日和

あしたもきっとチョウ日和

作:高田 桂子  絵:亀岡 亜希子  出版社:文溪堂  本体価格:¥1,300+税  
発行日:2012年04月  ISBN:9784894237575
ネルとマリのたからもの

ネルとマリのたからもの

作・絵:亀岡 亜希子  出版社:PHP研究所  本体価格:¥1,200+税  
発行日:2010年11月  ISBN:9784569780979
  ためしよみ  全ページためしよみ
どんぐりのき

どんぐりのき

作・絵:亀岡 亜希子  出版社:PHP研究所  本体価格:¥1,200+税  
発行日:2008年09月  ISBN:9784569689029
  ためしよみ  全ページためしよみ
村の小さな糸やさん

村の小さな糸やさん

作:瀬尾七重  絵:亀岡 亜希子  出版社:日本標準  本体価格:¥1,400+税  
発行日:2008年04月  ISBN:9784820803195
あきにであったおともだち

あきにであったおともだち

作・絵:亀岡 亜希子  出版社:文溪堂  本体価格:¥1,500+税  
発行日:2007年09月  ISBN:9784894235373
なつのやくそく

なつのやくそく

作・絵:亀岡 亜希子  出版社:文溪堂  本体価格:¥1,500+税  
発行日:2006年06月  ISBN:9784894234918
つばめたちのきせつ ビジューとフルール

つばめたちのきせつ ビジューとフルール

作・絵:亀岡 亜希子  出版社:教育画劇  本体価格:¥1,600+税  
発行日:2005年  ISBN:9784774606705
はるをさがしに

はるをさがしに

作・絵:亀岡 亜希子  出版社:文溪堂  本体価格:¥1,500+税  
発行日:2004年  ISBN:9784894233881
ねんにいちどのおきゃくさま

ねんにいちどのおきゃくさま

作・絵:亀岡 亜希子  出版社:文溪堂  本体価格:¥1,500+税  
発行日:2000年  ISBN:9784894232662

11件見つかりました

亀岡 亜希子(かめおかあきこ)さんの作品のみんなの声

  • おおかみさん、頑張りました!

    何を食べてもリスのぼっちゃんは、”まずい”と一言に、すっかり自信をなくしたおおかみさんですが、おおかみさんの頑張りにおおかみさんをみる見方が変わった私でした。りすのぼっちゃんに、最後まで付き合ったおお・・・続きを読む

  • なんだかあまりにも哲学的すぎて、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳

    正直、読み終えた後、どうすればいいかわからなくなりました。絵は色鮮やかで可愛らしかったので見ていて楽しかったです。多分この本が伝えようとしている事は、人生において多くの荷物を持つ事には何の意味も無いと・・・続きを読む

  • オコジョのかわいさ

    表紙を見て「かわいぃー」と手に取りました。 雪景色に、真っ白なオコジョって絵になりますねー。 オコジョが主役の絵本って、あまり触れたことはなかったですが かわいいなー、うつくしいなーと思いな・・・続きを読む

  • すてきな友情物語

    とても心温まる、どんぐりの木とりすの友情物語です。 若いころ、心無いリスの言葉で傷ついたドングリの木の心を 別のリス(ちょっと親分肌なのかしら・・)が癒します。 癒しは、飾らない、ストレート・・・続きを読む

  • 子どもに分かりやすい

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子6歳、女の子4歳

    「どんぐりをつけようがつけまいが、私はあんだが好きなのよ。」リスさんの、直球の言葉がいいですね。自信がなくて成果を出せなかったどんぐりの木が、リスに出会って変わっていく様子が人間にあてはめて考えやすい・・・続きを読む


『タヌタヌ探偵〜水玉シーツ事件〜』<br>アートユニット”uwabami”インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット