新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ

たちばな

ママ・30代・東京都、女の子5歳

  • Line

たちばなさんの声

94件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 顔よ!笑  投稿日:2024/02/22
おしくら・まんじゅう
おしくら・まんじゅう 作・絵: かがくい ひろし
出版社: ブロンズ新社
表紙の丸い白とピンク、何だろ〜と読み始めたら君たち饅頭だったのか!
そして「おしくらまんじゅう〜」と言うときの顔よ…!笑っちゃいました。また、混ざりたいなぁと遠くから指くわえてながめてる子たち(まぁすぐ混ざるんですが)も毎回かわいくてなごみます。
しかしラストは思わず「えぇえ〜?!」って言っちゃいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なかなか本格的な図鑑  投稿日:2024/02/22
パンのずかん
パンのずかん 作: 大森 裕子
監修: 井上 好文

出版社: 白泉社
絵がリアリティあっておいしそうで手に取りました。ちいさな本ながらなかなか本格的で、フランスパン全部「フランスパン」って呼んでました。。ちゃんと違いが説明されていて、これをもってパン屋さんに行きたい!と思わされる一冊でした。
意外と日本発のパンが多く、子供が日本の国旗を見つけるたびに「イェーイ」と喜んでいました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 地図を見ながらいけるかな?  投稿日:2024/02/22
おばけとたからさがし
おばけとたからさがし 作: 新井 洋行
出版社: くもん出版
カラフルなおばけシリーズ、2冊目として読みました。
参加型ともうわかっている娘はこちらが読むと同時にアクション開始!ノリノリで進みましたが、地図のところでストップ。単純に迷路をたどるだけならやったことがあるものの、地図を見ながら照らし合わせてというのはやったことがなく、初めはとまどっていました。とはいえシンプルだったので意味がわかればすぐできていて、しっかり楽しめていました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う う、うちゅうねこ?!  投稿日:2024/02/22
11ぴきのねことへんなねこ
11ぴきのねことへんなねこ 作: 馬場 のぼる
出版社: こぐま社
全くストーリーを知らずに読み進めていてびっくりしました。
途中、水玉模様の色が変わったり「何だこのねこは…?!」と動揺しましたが、まさかうちゅうねことは。。読み聞かせた子供の方がよほど落ち着いて聞いていました。笑
ちょっぴりずる賢いところも、詰めが甘いところも相変わらずで、そこは安心して(?)読めます。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う タイトルと合ってない。。  投稿日:2024/02/22
まけるのもだいじだよ にじいろのさかな
まけるのもだいじだよ にじいろのさかな 作: マーカス・フィスター
訳: 谷川 俊太郎

出版社: 講談社
じゃんけんでも負けが続くと本気で怒りだす娘にと手にしたのですが、タイトルやや名前負けしているように感じました。
1人の行き過ぎた負けず嫌いで場を台無しにしてしまいそれを反省するのも大事なことではありますが、「負けるのも大事」と感じさせてくれるような場面がなく、ちょっと残念でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 豊かだなぁ  投稿日:2024/02/22
だるまちゃんとにおうちゃん
だるまちゃんとにおうちゃん 作・絵: 加古 里子
出版社: 福音館書店
仁王ちゃんて何?!こわい!と思ったら、全然怖くなかったです。なんなら表紙の仁王ちゃんが一番怖く見える…笑
〇〇相撲ってこんなに種類があったのか〜と、もはや「遊び図鑑」ともいえる1冊でした。
ゲームや道具がなくてもこんなに遊びの種類が豊富だったんだなと感心すると同時に、きっと滅んでしまった遊びも多いんだろうなと寂しい気持ちにもなりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ノンフィクションかと思った  投稿日:2024/02/20
ホワイトバード
ホワイトバード 原作: R・J・パラシオ
ノベライズ: エリカ・S・パール
訳: 中井 はるの

出版社: ほるぷ出版
おばあちゃんが話すていで進むものの、メインは物語仕立てになっていて読みやすく感情移入しやすかったです。フィクションと言えども起こっていたことはすべて事実であり、読み進めるのがつらい部分も多々ありました。
用語解説のページにも出ていた通りもう二度と起こってほしくない。そのためにもたくさんの人が読むべきと感じました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 今や娘の方が詳しい  投稿日:2024/02/20
せつぶんだまめまきだ
せつぶんだまめまきだ 作: 桜井信夫
絵: 赤坂 三好

出版社: 教育画劇
娘が自ら選んだ本ですが、大人にも学びがありました。(少なくとも夫は鰯の頭とヒイラギを知らなかったので…)
イワシの煙でもくもく、は現代日本ではなかなかやらないですねぇ。正直うちでもやろうとは思えなかったです。笑 こういう気軽に家ではできないことも絵本では学べて良いなと実感しました。
ただ、最後の方に出てきた「おにもうち」はいまいちよくわからず。。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う やや難解な文体ではあるけれど、  投稿日:2024/02/09
双子の星
双子の星 作: 宮沢 賢治
絵: 平澤 朋子

出版社: 三起商行(ミキハウス)
そうそう、宮沢賢治ってこんな感じの文章だったよな〜と懐かしく感じました。(教科書以来かも…!)
思ったより長かったので読み聞かせはせず私一人で読みました。現代からするとあまりなじみのない文章に若干身構えながらも、その独特な世界観を壊すことなくそれどころか少しずつ誘ってくれるような絵のおかげで、気付けば夢中になって読んでしまいました。
巻末に難しい・なじみのないことばや、現代だと不適切とされる表現についての注意書きもあり、もう少し大きくなったら子ども1人で読むのに良いなと感じました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 絶妙にクセになる…!  投稿日:2024/02/08
おふろそうじ きんぎょたい
おふろそうじ きんぎょたい 作: とみなが まい
絵: 山村 浩二

出版社: 世界文化社
絵が微妙にシュールだったり、一瞬戦隊モノっぽい雰囲気を出しつつもそのページだけだったり、なんだか総じて絶妙にクセになります。お風呂もやけに凝って描かれており、私も見たことない仕組みでした…!
うっかり流されそうになるページが子どもに一番ウケてました。
参考になりました。 0人

94件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット