だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

アンドレア・ペトルリック・フセイノヴィッチ(あんどれあぺとるりっくふせいのびっち)

アンドレア・ペトルリック・フセイノヴィッチ(あんどれあぺとるりっくふせいのびっち)

1966年、ザグレブ生まれ。絵本作家。
ファインアートアカデミーを卒業後、編集者、イラストレーターとして活躍。出版社KASMIR PROMETを設立し、絵本出版に乗りだす。自分で絵と文を描いたはじめの絵本『いつか空のうえで』(小学館)で、BIB世界絵本原画展金牌、グリゴールヴィテズ賞を受賞。第2作目である『コウノトリはどこへいく』で、2004年大分イラストレーションビエンナーレでグランプリを受賞。

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

3件見つかりました

表示

ノアのはこぶね

ノアのはこぶね

作:アンドレア・ペトルリック・フセイノヴィッチ  訳:石崎 洋司  出版社:講談社  本体価格:¥1,300+税  
発行日:2015年08月26日  ISBN:9784062830898
コウノトリはどこへいく

コウノトリはどこへいく

作・絵: アンドレア・ペトルリック・フセイノヴィッチ  訳:岡田 好惠  出版社:講談社  本体価格:¥1,500+税  
発行日:2009年08月  ISBN:9784062830270
  ためしよみ
いつか空のうえで

いつか空のうえで

作・絵: アンドレア・ペトルリック・フセイノヴィッチ  訳:まえざわ あきえ  出版社:小学館  本体価格:¥1,500+税  
発行日:2009年07月  ISBN:9784097263272

3件見つかりました

アンドレア・ペトルリック・フセイノヴィッチ(あんどれあぺとるりっくふせいのびっち)さんの作品のみんなの声

  • はじめて知りました

    こういうお話なんですね、実は私も初めてなんです。 話の意図がいまいちわかりません。 神話なので、こういうものなんだと思うんですが、 読み終わったあと、特に感想はなかったようです。 ・・・続きを読む

  • 異文化体験

    4歳の息子と読みました。 旧約聖書などの時代や地域の違うところの話にも触れていきたくて。 いい異文化体験でした。 彼は、この絵本の親しみやすいイラストを気に入っていました。 こってりとした・・・続きを読む

  • 死んだ母をしのぶ絵本

    幼い頃に両親を失った作者が、母親を忍びながら作った絵本です。 自分の子どもたちを思いながら、子どもたちに自分の母親の事を伝えたいという気持ちに満ちあふれた作品になっています。 それと同時に、両親を・・・続きを読む

  • コウノトリ

    コウノトリが故郷にたどり着けたので、ほっとしました。 自分の生まれ故郷で暮らすのが一番幸せなんだと学んだ絵本でした。 戦争が終わってクロアチアへ帰れたのでほっとしました。 平和な世の・・・続きを読む

  • クロアチアの絵本作家です。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    クロアチアの絵本作家です。 クロアチアのかたの作品は初めて見ました。 作者自身が10歳で両親を失い、そのころの思いをこの絵本に描いてみたのだそうです。 クロアチアは、何度も民族間の紛争が起きてい・・・続きを読む


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット