ぼくたち、いちばん! ぼくたち、いちばん!
文: ジェーン・イーグランド 絵: 東條 琴枝 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

福川祐司

福川祐司

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

3件見つかりました

表示

ダンボ

ダンボ

文:福川祐司  出版社:講談社  本体価格:¥420+税  
発行日:2004年08月  ISBN:9784062625135
101ぴきわんちゃん

101ぴきわんちゃん

文:福川祐司  出版社:講談社  
発行日:2004年07月  ISBN:9784062625128
吉田松陰

吉田松陰

作:福川祐司  出版社:講談社  本体価格:¥620+税  
発行日:1996年10月  ISBN:9784061475977

3件見つかりました

福川祐司さんの作品のみんなの声

  • とても暖かいお話。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子5歳

    5歳の娘と読みました。 「ダンボ」=「おみみのおおきいゾウさんのおはなし」というのは 知っていましたが、 実はちゃんとストーリーを知ったのはこの絵本のおかげ。 この大きなお耳で空を飛ん・・・続きを読む

  • はじめて読みました

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    ダンボのキャラクターは知っていたのですが、お話は初めて読みました。 大きな耳のダンボ。耳が大きいことでいじめられたりしていたんですね。 ですが、お母さんやねずみのチモシー等、理解者もいて、よかった・・・続きを読む

  • 懐かしい

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    3歳と5歳の子に読みました。 私自身、幼いころに見たことがあるお話で懐かしかったです。 最初のシーン15ひきのわんちゃん。子供はタイトルで「101ぴきいるの?」と絵に反応。「15ひきしかいないねー・・・続きを読む


「ひらこう! とびらえほん」シリーズ 編集者  中村美早紀さんインタビュー

出版社おすすめ

  • ピクニック
    ピクニック
     出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    こぶたちゃんしかけえほんシリーズ最新刊!今度のしかけはいったい?!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット