あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

レベッカ・ワイルドスミス

レベッカ・ワイルドスミス

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

7件見つかりました

表示

とばせとばせ

とばせとばせ

作:ブライアン・ワイルドスミス レベッカ・ワイルドスミス  文:香山 美子  出版社:フレーベル館  本体価格:¥700+税  ISBN:9784577018095

7件見つかりました

レベッカ・ワイルドスミスさんの作品のみんなの声

  • ズームイン

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    全体から見るとよくわからなくてもズームインしてアップで見れば、よく見えてくるという絵本。 全体からでもよく見ると「あっ、ここにいる」って分かりますよ。私もぱっと見では気づかなかったのですが。 実際・・・続きを読む

  • 研究が作り出した野菜は…

    ブラックなのに、なんともアートな絵本です。 重いテーマなのに活劇仕立て。 ワイルドスミスさんは凄い作家です。 ジャック先生が研究で作り出した野菜は、予想をはるかに逸脱して、環境破壊どころか地球滅・・・続きを読む

  • 表紙が素敵で手にとりました。きれいなお花が咲く中に、動物のおしりだけ見えて、誰のおしりかな?と息子と会話しながら読み進めます。ページをめくると、おしりと繋がった顔がわかります。息子は全然違う動物を想像・・・続きを読む

  • どこかなー

    初めは、2才の子に読もうと思ったのですが、絵の細かさから、あまり向かなかったようです。 上の子は、絵のすみずみまで見て「どこにいるのかなー」と言いながら、虫を探していました。 本当に細かいので、親・・・続きを読む

  • 最後はバナナ

    しっぽをひっぱっている動物。 ずっとたどっていくと、バナナでした。 動物の絵が綺麗でした。 かわいいのではなく、美しいといった印象です。 小さな子向けの絵本で、このような雰囲気の絵は珍しい・・・続きを読む


『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット