もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

井野史子

井野史子

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

1件見つかりました

表示

ふたつの たいよう

ふたつの たいよう

作・絵:井野史子  出版社:学研  本体価格:¥1,200+税  
発行日:2003年  ISBN:9784052018923

1件見つかりました

井野史子さんの作品のみんなの声

  • 色彩が素晴しい

    太陽を一つにしようと世界中の人が心を一つにして目的に進んでいく様子が素晴しい! 目的を果たすまで、決して諦めないのが素晴しい! どのページも色彩がとても綺麗で素晴しい! 途中から、2ページいっぱ・・・続きを読む

  • オレンジ色の表紙が刺激的で素敵だったのでこの絵本を選びました。途中から縦に切りかえられて描かれているのが斬新で素敵だなと思いました。太陽の偉大さと人間の努力を感じられる絵本でした。一つの事を思った時に・・・続きを読む

  • きれいな絵本です。

    海外の昔話のようです。 太陽がギラギラ照りつけている時の色、夜の色、海の色。 それぞれがとてもきれいだなあと見とれてしまいます。 人間達が団結して、考えて、ことを成し遂げる様は気持ちいいです。・・・続きを読む

  • 色使いの美しい本

    「たいようがふたつありました」というところで息子が「えーうそ。あるわけないじゃん」と言いました。確かに太陽が二つあったら、不自由で困ってしまいますよね。 読みながら地球温暖化のことを思いました。・・・続きを読む

  • もしも・・・

    • ねーねーさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子11歳、女の子10歳

    たいようが2つあったら・・? 並んであるんじゃなくて地球の表と裏みたいな配置なら全世界いっせいに朝がきて夜がきて・・と時差とかなくなるかもしれない・・とか考えてみた。 この絵本の太陽は並ん・・・続きを読む


本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット