雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

パクジェヒョン(ぱくじぇひょん)

パクジェヒョン(ぱくじぇひょん)

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

1件見つかりました

表示

とらとほしがき

とらとほしがき

作・絵:パクジェヒョン  訳:おおたけ きよみ  出版社:光村教育図書  本体価格:¥1,600+税  
発行日:2006年11月  ISBN:9784895726580

1件見つかりました

パクジェヒョン(ぱくじぇひょん)さんの作品のみんなの声

  • すべては 勘違いから

     韓国で育った子どもなら 誰もが知っている昔話だそうです。  自分はこの世で一番強いと思っている虎がいました。「虎がくるよ」と言われても泣きやまぬ子どもが、干し柿を与えられて ぴたっと泣きやんだ・・・続きを読む

  • 泣く子も黙る

    泣く子も黙る…ほしがきとはさぞ恐いものに違いない。 とらの思い込みがとてもユーモラスなお話に展開します。 障子越しの母子の影、どこか思慮深そうなとらの顔、日本の民話とはどことなく違いがあって、韓国・・・続きを読む

  • アイゴー!

    5歳の息子と7歳の娘と一緒に読みました。 自分でこの世で一番強いと思っているトラが、勘違いをして「ほしがき」を怖がるという、日本の「ふるやのもり」という昔話に似た、韓国のおはなしでした。 ちょうど・・・続きを読む

  • とらが愛おしく思えました

    韓国の昔話   日本ではふるやのもりのお話と似ています とらは自分がこの世の王であると信じていましたが、子のと多の表情が実に見事に描かれていて 絵本の醍醐味を味わいました 牛を食べようと思・・・続きを読む

  • 昔話のよさ

    韓国の昔話ということですが 昔話の根底に流れるものは、お国は違えどどこも同じなのかなと思わせるような安定感のある本です。 絵のタッチが独特で、虎の表情が実に面白い。 この絵じゃなければ、独特なこ・・・続きを読む


可愛いプリンちゃんのお話4作目は、お父さんとおでかけ♪

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット