絵本ナビホーム  >  えっ!王さまが還暦?!王さま60周年記念アワード 応援コメント大募集!

えっ!王さまが還暦?!王さま60周年記念アワード 応援コメント大募集!

たまごやきが大好きで、わがままで、なまけもので、くいしんぼう。 とっても困っちゃうんだけど、でもみんなから愛される王さまが、今年で創刊60周年を迎えます。 理論社×絵本ナビでは、そんな王さまへの応援コメントを大募集しちゃいます。 受賞コメントには王さまからステキなプレゼントが届きますよ。

エントリー作品

王さまのれきし

できごと王さまからひと言
1956王さまたんじょう。
記念すべき1作目「ぞうのたまごのたまごやき」は雑誌に載り、すぐに「こどものとも」第4号として絵本化(絵は山中春雄さん)
ぼくは、寺村さんが「自由になりたい!」と一生けんめい考えているときに生まれてきたんだ。
早稲田大学の先輩童話作家・大石真さんも「王さまという鉱脈を発見」したと喜んでくれたんだって。それからずっと、寺村さんはぼくが主人公の話をたくさん書いてくれたよ
1959「おしゃべりなたまごやき」が「こどものとも」35号として絵本化(絵は長新太さん)長さんは、この絵本で文藝春秋漫画賞を受賞した、おめでとう!
1961王さまの作品4作をおさめた『ぼくは王さま』刊行(絵は和田誠さん)この本は、第17回毎日出版文化賞を受賞した、バンザーイ!
1967王さまの2冊目の作品集『王さまばんざい』刊行(絵は和歌山静子さん)この前の年、寺村さんは新進画家の和歌山静子さんを見いだして、ぼくの絵を頼むことに決めたそうだ。
和歌山さんもぼくを気に入ってくれて、50年たった今も、ぼくの絵を描き続けてくれているよ
1979もじとことばの絵本『あいうえおうさま』刊行(1980年、絵本ニッポン賞受賞)「これまでなかったような、あいうえおの絵本を作ろう」
寺村さん、和歌山さん、デザインの杉浦範茂さんの3人が、3年がかりでがんばったんだって
1985『王さまかいぞくせん』刊行。「ぼくは王さまシリーズ」の第1期完結
同時に第1期全作品をまとめた『ぼくは王さま全1冊』刊行
ぼくは、この本でついに大すきなおひめさまと結婚できた!
そして「ぞうのたまごのたまごやき」で王子が生まれてくるんだよ
1986「王さまでかけましょう」が小学2年生「こくご」教科書に掲載べんきょうがきらいなぼくが教科書にのるなんて、ふしぎな気分
1990「ぼくは王さまパートU」スタート5年間で10冊完結した
1991「王さまクラブ」(王さまシリーズの読者によるファンクラブ)発足会長はもちろんぼく。機関誌「王さまタイムス」は5年間、第10号まで出たんだ
1998「寺村輝夫の王さまシリーズ」(「ぼくは王さまシリーズ」第1期を全面改訂した新版)刊行スタート和歌山さんは全部の絵を新たに描いてくれたよ
2006寺村輝夫さん逝去。享年77歳……かなしすぎる
2009「王さまのえほんシリーズ(全5巻)」復刻1971〜72年に出た幻の「カラー童話」が新デザインで復刊!
2010日生劇場ファミリーフェスティヴァルにて、ミュージカル人形劇「ぼくは王さま」シリーズの公演スタート子ども、お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃん、3世代で来てくれる人もいて、うれしかったなぁ
2012「寺村輝夫『ぼくは王さま』展」が県立神奈川近代文学館にて開催される
「新・王さまえほんシリーズ」刊行スタート
寺村さんの全文学活動をふりかえる展覧会。ぼくが生まれる前のことや大すきなアフリカのことなども展示された
2013テレビアニメーション「ぼくは王さま」放送開始(BS11)「あいうえおうさま」のショートアニメが特に好評だよ
2016王さま満60歳!
『王さまABC』刊行
ヤッホーッ!いよいよ還暦なんだ。
もじとことばの絵本、第2弾。ぼくといっしょにえいごであそぼう!

王さまQ&A

−−−−ぼくへの質問で一番多いのが「王さまは大人ですか?子どもですか?」というもの。一人前の王さまに向かって、失礼なこときくなぁ。作者の寺村さんは「王さまは何歳ですか?」ときかれたとき、次のように答えていた。
「(何歳だと思っても)みんな正解! 読む人がそのくらいの歳だと思ってくれれば、それでいうことなし。けれども、作者の本心は、王さまは10歳前の子どもとして書いています。」
−−−−そして、ぼくという主人公を考えたときのことについて、こんなことも書いている。
「……作品で子どもを自由奔放に遊ばせたい。が、子どもは毎日学校にいかなくてはならない。……その束縛から逃げる手を考えた。主人公の子どもが日常のそれではいけない。
そこで考えついたのが『王さま』だった。王さまなら威張っていて、わがまま勝手にしていればいいではないか。こうしてわが主人公が誕生した。
これは私にとってまさに革命的な発見だ。しかも、王さまを子どもの日常におきかえ、生活のなかで、してはいけないことをやってみる──。なんとも痛快ではないか。私はその快感に酔って書きつづけることにした。
しかし、してはいけないことをやるには、かなりの抵抗がある。大臣以下が、みんな王さまの敵になるのだ。敵とたたかい、あるときは敗れ、あるときは勝つ。こうして、書きつくせない、子どもの人生を考えつづけてきたのであった。
その点が、世の大人には理解出できなかったらしい。王さまは子どもだ、といっても、ヒゲをつけているではないか、『わし』などと大人ことばをつかっている……。ふりかえってみると、そういう大人読者とのたたかいでもあった。私はいいつづけた。キミは子どものころ、紙でヒゲをつくり鼻の下にはりつけて遊んだことがないのか。……こうして子どもは、大人である自由をイメージしているのだ。……」

−−−−みんな、ぼくの人気の秘密をわかってくれたかな? 今年60歳をむかえたけど、ぼくは永遠に子どもの味方だ、ぼくは王さまだぞ。(引用は「王さまタイムス」第3号 1992年秋冬号より)

著者紹介

  • 寺村輝夫

    寺村輝夫

    1928年東京都生まれ。戦後早稲田大学に入学し"早大童話会"に所属、創作童話を志す。56年に「ぞうのたまごのたまごやき」を発表。以来「ぼくは王さま」シリーズをライフワークとして書き続ける。61年『ぼくは王さま』で毎日出版文化賞受賞。80年『あいうえおうさま』で絵本にっぽん賞受賞。84年「独特のナンセンステールズで、子どもの文学の世界を広げた」功績により巌谷小波文芸賞受賞。「寺村輝夫のとんちばなし・むかしばなし」「おはなしりょうりきょうしつ」「わかったさんのおかし」「かいぞくポケット」など、子どもに人気のシリーズが多い。2006年没。

  • 和歌山静子

    和歌山静子

    1940年京都に生まれ、幼少期は函館で過ごした。武蔵野美術大学卒業。力強く大胆な絵を寺村輝夫氏に見出され、20代後半から子どもの本の仕事を始める。絵本『あいうえおうさま』(絵本にっぽん賞受賞)『おおきなちいさいぞう』(講談社出版文化賞受賞)をはじめ、「王さまシリーズ」「オムくんトムくんシリーズ」など寺村氏との仕事が多い。ここ20年程は『てん てん てん』『ひまわり』『どんどこ どん』『おーい はーい』『おかあさん どーこ?』など自作の赤ちゃん絵本も多い。ほかに『ぼくのはなし』『よあけまで』『ぼく とりなんだ』など。

新着コメント

  • おしゃべりなたまごやき

    おしゃべりなたまごやき

    #王さま60「おしゃべりなたまごやき」は、生まれて初めて自分で選んだ本でした。立派な髭を蓄えた大人なのに、わがままでドジな王さまは、私の大切な友達でした。タイトルは「たまごやき」なのに、登場するのは目玉焼き。「何でだろ?」と、その理由をあれこれ想像するのも楽しかったです。

  • 王さまレストラン

    王さまレストラン

    #王さま60
    子供の頃、のんきそうな王さまの絵と、マツンボのいつもいつでも食べててね〜♪の歌が好きでした。親になって子供の為に、初めて声に出して読みました。マツンボの歌も、ラッパの音も、私作曲の勝手なメロディーです。最近は長男が末っ子に鼻歌のようなマツンボソングを歌ってくれます。

  • しゃぼんだまのくびかざり

    しゃぼんだまのくびかざり

    しゃぼんだまを首飾りにするなんて、なかなかロマンチストな王さまです。シリーズの中ではちょっと異色なミステリー調のお話しで、読んだ後もちょっと不思議な感じが残ります。しゃぼん玉の実が一面になった畑の風景、私も見てみたいです。#王さま60

    すずらんぷさん

  • 王さまでかけましょう

    王さまでかけましょう

    そりゃあ、勉強している横で、つばめの赤ちゃんが生まれたら、気になっちゃうよね。自分も育てたくなるし、つばめがだめならライオンやゾウの赤ちゃんを育てたいと思うよね。アフリカにも行ってみたいよね。でも、ライオンやゾウのたまごは…?やっぱりお勉強も大切ですね。#王さま60 すずらんぷ

    すずらんぷさん

  • 王さまめいたんてい

    王さまめいたんてい

    遊ぶのが好きで、勉強がきらい、本当に子どもみたいな王さまです。はん人が書いた手紙、私も何のことやらわからなかったのですが、さすが名探偵、王さまにはちゃんと解読できちゃうんですね〜。王さまのこと、すべてお見通しの、大臣とのやりとりが楽しいお話しでした。#王さま60 すずらんぷ

    すずらんぷさん

  • 王さまでかけましょう

    王さまでかけましょう

    27年前10才の私。このお話の劇でコックさんの役を演じたことが王さまとの出会いでした。同じく10才の息子は、あの頃の私のように王さまに夢中です。ママは昔、王さまのコックさんだったんだよ、と息子に自慢しています。#王さま60

賞品

  • 【額装付!】和歌山静子さん描き下ろし王さまのイラスト(1名さま)

    【額装付!】和歌山静子さん描き下ろし王さまのイラスト(1名さま)

    和歌山静子さんのイラストを額に入れてプレゼントいたします!貴重な描き下ろし作品!どんなイラストになるかはお楽しみに♪

受賞コメント

おしゃべりなたまごやき

おしゃべりなたまごやき

#王さま60歳おめでとうございます。41歳の娘が小さな頃、本屋さんで選んだ一冊です。絵本の知識もなかった私は、子供達に好きな絵本を選ばせていました。後で、よくぞ選んでくれた。娘は絵本を見る目があるぞと思った中の一冊です。今度、孫達が泊まりにきたら読んであげようと改めて思いました。(ランコタママさん)

その他のコメント

応募ルール

募集期間
2016年5月19日(木)0:00 〜 2016年6月15日(水)23:59
募集内容
当ページにエントリーしている作品で、気になる作品、お気に入りの作品にコメントをお寄せください。
プレゼントの応募期間は終了しました
応募方法
詳細ページのコメントするボタンから投稿してください。投稿には、絵本ナビへのメンバー登録が必要です。投稿したコメントは、facebook、twitterにも掲載されます。(お名前はニックネームのみです)
発表について
2016年7月を予定受賞レビューの発表は、絵本ナビのこのページで行います。受賞レビューを投稿してくださったご本人様には、絵本ナビ事務局から直接メールでもご連絡致します。
注意事項
※関係者のご応募はできません。

王さま作品一覧

  • ぞうのたまごのたまごやき
    ぞうのたまごのたまごやき・しゃぼんだまのくびかざり・ウソとホントの宝石ばこ
  • おしゃべりなたまごやき
    おしゃべりなたまごやき・木の上にベッド・なんでもほしいほしがりや・パクパクとバタバタ・ニセモノばんざい・わすれたわすれんぼ・いいことないしょで・一つぶころりチョコレート・王さま動物園
  • ハアト星の花
    ハアト星の花・ヤンコ星の雪・ガルメ星のどく・モルト星の石・なんでもロボット・ねずみが大さわぎ
  • たんじょう日のプレゼント
    たんじょう日のプレゼント・カレンダーは日よう日・たまごがいっぱい・見てはいけないたまごやき・わるい子になりたい・まほうのレンズ
  • めだまやきの化石
    めだまやきの化石・王さまめいたんてい・算数の時間です・こいのぼりの空・むくむくもこぞう
  • ひみつのフライパン
    ひみつのフライパン・>王さまレストラン・くじらのオムレツ・空をとんだトースト・王さまのくいしんぼう
  • たんけんたいとしょうぼうたい
    ・王さまたんけんたい・王さまでかけましょう・時計がぐるぐる・王さましょうぼうたい
  • トランプは王さまぬき
    トランプは王さまぬき・くじらのズボン・王さまパトロール・なみだのピッチョン・王さまタクシー
  • とうめい人間の10時
    とうめい人間の10時・ゆめの中でゆめ・王さまびっくり・サーカスにはいった王さま
  • 魔法使いのチョモチョモ
    魔法使いのチョモチョモ
  • 王さまかいぞくせん
    王さまかいぞくせん

Facebook

Twitter

全ページためしよみ
年齢別絵本セット