ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
おかあさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おかあさん

  • 絵本
作: サトウハチロー
絵: いわさき ちひろ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「おかあさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

みんなの好きなおかあさん、みんなの大切なおかあさん──そのおかあさんが、ハチローの詩とちひろの絵で結ばれました。春の風のような、夏の海のような、世界じゅうでこれ1冊と抱きしめたくなるような素晴らしい絵本です。

ベストレビュー

いわさきさんの描くおかあさんのいろいろ

サトウハチローの詩集『おかあさん』は奥さまの幼いころからの愛読書。
そらんじている詩も収録されています。
私にもサトウハチローのリズミカルで優しい表現の詩は、わかりやすくて感情移入しやすいので、好きな詩のひとつです。
今回、いわさきちひろさんがそれぞれの詩に絵を添えて出されたこの絵本については、「おかあさん」が二重に楽しめる本だと思います。
様々なお母さんが登場します。
お母さんの視線から捕えた子ども、子どもの視線から見た母親、それぞれに「おかあさん」をモチーフにした詩と絵。
日本的なお母さん、洋風のお母さん。
ママだったりマミーだったり、和洋、現代過去を問わず、お母さんのイメージが様々に表現されていて、感心させられました。
そんな中で、「母がある」の後姿は、父親から見た妻でもあるようでゾクリ。
「ちりぬるをに母がある、もの悲しさに母がある、花のひだにははがある、ゑひもせずに母がある」の表現は感性的でもあり、母であり妻である女性の生々しい心情であり、この絵の女性がこちらを向いて、見つめられたら身動きできなくなってしまいそうな緊迫感を覚えました。

「おとうさん」を描くのは、サトウさんにしてもいわさきさんにしても論外なのでしょうね。

(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


サトウハチローさんのその他の作品

スカンク カンク プウ(チャイルド本社刊) / あかちゃん

いわさき ちひろさんのその他の作品

絵本 窓ぎわのトットちゃん 1・2巻セット / ゆびきり / トットちゃんとカマタ先生のずっとやくそく / 千の風になって ちひろの空 / 井上ひさしの子どもにつたえる日本国憲法 / あおいとり



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

おかあさん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット