雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…
ジャッキー×「木のおもちゃ」が可愛い!!|くまのがっこう木製プルトレイン
小さな小さなキツネ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

小さな小さなキツネ

作: 長崎 源之助
絵: 鈴木 義治
出版社: 国土社 国土社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「小さな小さなキツネ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1980年
ISBN: 9784337002029

ベストレビュー

守り神とは?

おとうとおかあの守り神
 くだぎつねさま 
こんな守り神を信じている親たちと、娘のオハナの神様に対する考え方が違うのがおもしろい 昔話でした

自分たちばかりが 福をさずかろうなんて ずるい考え方なんか きらいだわ そのために いつも こそこそ してて うしろめたい きもちで くらすなんて ごめんだは。
オハナは子ども心に
神様の不平等さをおかしいと思ったのですね
しっかりしているな〜 オハナは

くだぎつねさまに出会ったところも子どもだからでしょうね
オハナは 優しい子でくだぎつの足の手当をしてあげ 自由に草原を駆けまわっている、くだぎつねを想像しているのが 子どもらしく、いいおはなしでした。

守り神 人は神様に手を合わせてお願い事をするという日本人の心をうまく描いたお話しでした
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


長崎 源之助さんのその他の作品

サンタクロースがよっぱらった / ママのもちつき / ママははなよめさん / 汽笛 / ねずみのおなか / こうまがうまれたよ

鈴木 義治さんのその他の作品

家族 / みつばちぶんぶん / きょうのおはなしなあに 春 / きょうのおはなしなあに 秋 / きょうのおはなしなあに 夏 / 雨のにおい星の声



子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

小さな小さなキツネ

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット