たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
あわてんぼうさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あわてんぼうさん

作・絵: ライマ
訳: 宝迫典子
出版社: 朔北社

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「あわてんぼうさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年02月
ISBN: 9784860850364

出版社からの紹介

5じ15ふん。
あわてんぼうさんが ようやく 目をさましました。
やくそくのじかんは 6じちょうど。
あわてんぼうさんは はしります。

かいぶつ国 たいぼく村の じゅうみんたちが 『おおきな木のほこらげきじょう』に ぬいぐるみげきを 見に出かける様子が 時間を追って 見開きページに 描かれていきます。
なかでも、あわてんぼうさんは…。

ベストレビュー

可愛い対比

たいぼく村のかいぶつたちは、出かける準備の真っ最中。
本当は違う名前なのに、いつもあわてているかいぶつさんは「あわてんぼうさん」と呼ばれています。
約束の時間は6時なのに、5時を過ぎてようやく目を覚ましたあわてんぼうさん。
あわてて支度をしてあわてて走り出します。

登場するのはすべて怪物さんです。
のんびり準備をする横で、あわてんぼうさんだけが寝ているのですが、この対比が面白く、また可愛らしい。
ページの端には時計が描かれていて、時刻がわかるようになっています。

最後のオチがとてもよくて、さすがは「あわてんぼうさん」と納得。
長女はオチがよめたのか、ニヤニヤ顔で見ていました。
わかっていても笑っちゃうシーンです。
「まぬけだねぇ」「あわてんぼうなんだよ」とクスクス笑いながらお話していました。

あわてんぼうさんに覚えのある人にはちょっと痛いけれど、可愛らしくておかしい絵本です。
(ひとときさん 30代・その他の方 女の子10歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ライマさんのその他の作品

おこりんぼうのアングリー

宝迫典子さんのその他の作品

あなたが好き / ぼく、グジグジ / 地下鉄 Sound of Colors / 君といたとき、いないとき With My Little Moon / 君のいる場所 Separate Ways / たね、ぺっぺっ



『はじめてずかん415』 編集者 瀬島明子さんインタビュー

あわてんぼうさん

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.27

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット