新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
だいすきセレスティア

だいすきセレスティア

作・絵: 池谷陽子
出版社: 福音館書店

税込価格: ¥398

「だいすきセレスティア」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2002年

出版社のおすすめ年齢:4・5歳〜

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

出版社からの紹介

わたしの家は牧場。たくさんいる牛の中でも一番大好きなのは、雌牛のセレスティア。弟も、イヌもネコもニワトリも、みんなセレスティアが大好き。ざらざらの舌でなめられるのは痛いけれど、あたたかくてあまいミルクをたくさん出してくれます。背中に乗ったり、夜はいっしょに眠ったり。牧場の暮らしの中から生まれた、詩情あふれるアップリケの絵本です。(こどものとも年中向き194号)

ベストレビュー

ソーイング

ソーイングで出来た絵がとっても温かくて心地良い気持ちになれました

セレスティアの周りに集まる姉弟に、ねこのミオ、犬のモク、にわとり

のコッコさんといつも同じみさんのメンバーが家族で仲良しのお友達だ

とわかりました。主人公の僕は、家族の自慢話に聞こえました。

家族を自慢できる僕もとっても幸せだと思いました。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

関連記事

出版社おすすめ

  • こどもべやのよる
    こどもべやのよるの試し読みができます!
    こどもべやのよる
    出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
    岩波の子どもの本 最新刊。こどもべやに夜がきました。せかいじゅうで、おきているのは、いっちゃんだけ。



えほん新定番 from 好書好日 新井洋行さん

だいすきセレスティア

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら