だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。
【迷ったらこれ!】おさるのジョージセット(ギフトラッピング込み)
リベックじいさんのなしの木
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

リベックじいさんのなしの木

作: テオドール・フォンターネ
絵: ナニー・ホグロギアン
訳: 藤本 朝巳
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「リベックじいさんのなしの木」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年05月
ISBN: 9784001108859

出版社からの紹介

子どもたちにおしげなく梨の実をもいであげていた,心やさしいリベックじいさん.やがて天国へ召され,欲ばり息子が梨の木をひとり占めしてしまいますが…….梨の木の伝説を美しい版画絵本でお届けします.

ベストレビュー

自分がいなくなっても・・

ある村にリベックじいさんが住んでいて、おじいさんの屋敷には
なしの木が1本あります。秋になるとなしがたくさんなります。
なしをもいで、村の子供たちにくばってあげました。

年をとってきたおじいさん。天国にめされる日も近いと感じていました。自分が死んだらなしを一個一緒に埋めておくれと頼みます。そしてその日はやってきて、子供たちは悲しみました。
また秋がきました。おじいさんの息子はケチでなしをとられないように柵をしてしまいます。
3年後おじいさんと一緒に埋めたなしの若木が育ち、さらに何年か後その木はたくさんの実をつけました。
村の子供たちはまたリベックじいさんのなしを食べる事が出来ました。

自然の恵みを皆に分け与えていたリベックじいさん。
自分がいなくなってしまったらけちな息子は一人占めしてしまうだろうと、先をみこして一緒にうめてと頼んだおじいさん。
やさしさがあふれているおじいさんの顔。子供たちになしを渡す時、子供も愛しい、自然に感謝しなしも愛しいと感じているのだと思う。
自分がいなくなった後の事も考えて・・なんて私には想像しにくい。年を重ねていくとそれくらい大きな気持ちを持てる様になるのかなぁ。
(ねーねーさん 30代・ママ 女の子11歳、女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ナニー・ホグロギアンさんのその他の作品

あくまの三本の金のかみの毛 / やぎのびりいとふとったなかまたち / きょうはよいてんき / どろぼうとおんどりこぞう

藤本 朝巳さんのその他の作品

ベーシック絵本入門 / たのしい どうぐばこ / リンゴのたび / 宝島 / ヘンゼルとグレーテル グリム兄弟の童話から / まあ、なんてこと!



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

リベックじいさんのなしの木

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット