ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
【迷ったらこれ!】おさるのジョージセット(ギフトラッピング込み)
1993年のクリスマス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

1993年のクリスマス

  • 絵本
作: レスリー・ブリカス
絵: エロール・ル・カイン
訳: 北村 太郎
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年
ISBN: 9784593502189

6歳から

出版社からの紹介

「わしのつとめはあたたかい心をくばること。けれど、むかしにくらべ地球は旅行がしにくくなったわい」とたった1日で世界中にプレゼントをくばらなくてはならないサンタクロースの受難の物語。

ベストレビュー

サンタクロースのボヤキ

サンタクロースも楽じゃない。
2000年もの間プレゼントを運び続けた、サンタクロースの苦労話になんだか納得してしまいました。
人口が増えプレゼントを準備するのも1年がかり、文化が発展し、飛行機の飛び交う空を通るのも、そりを道路に止めるのも、以前のようには楽じゃない。
文中に登場する都市の名前や、歴史上の出来事を見ると、確かにこれではサンタクロースは大変です。
現実の中で、サンタクロースがやつれてしまいました。
でも、サンタクロースには夢いっぱいでいて欲しいのです。
子どもにはちょっと読めないかな?
我が家のサンタさんもすでにお役御免になってしまいましたが、ぼやいてばかりいないでいい思い出を懐かしみましょうよ。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。

エロール・ル・カインさんのその他の作品

三つのまほうのおくりもの / グリム童話 おどる12人のおひめさま 新版 / グリム童話 いばらひめ 新版 / イメージの魔術師 エロール・ル・カイン(改訂新版) / かしこいモリー / アルフィとくらやみ

北村 太郎さんのその他の作品

すてきな子どもたち / わがままな大男



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

1993年のクリスマス

みんなの声(8人)

絵本の評価(3.89

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 1
  • 大人 5



全ページためしよみ
年齢別絵本セット