とりかえっこ とりかえっこ とりかえっこ とりかえっこ とりかえっこ とりかえっこの試し読みができます!
作: ふくだ じゅんこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
日本絵本賞読者賞にノミネート! 投票してくださいね
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
星砂のぼうや
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

星砂のぼうや

作: 灰谷 健次郎
絵: 坪谷 令子
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「星砂のぼうや」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1993年
ISBN: 9784494012299

ベストレビュー

作者からのおもいがたくさん。

幼い頃、石垣島へ旅行に行ったとき
砂浜一面に広がった星砂に感激し、
その頃、ガイドさんに
「この砂はどうやってできたの?生き物?」
と質問した事を覚えています。

その頃に自分でいろいろと調べて星砂は
バキュロジプシナと言う有孔虫だと言う事は知っていました

では、砂浜にある星砂は?生きてるの?死んでるの?
疑問が出てきますね。
実はその有孔虫の形骸なんです。
さて、どうして砂浜一面、こんなにたくさんの
形骸があるのでしょうか?

それは、戦争でうみが汚染されてしまい
海の中のたくさんの生物たちが死んでしまって
浜に打ち寄せられたから。

沖縄を愛して沖縄にも長いこと滞在されていた灰谷さん。
灰谷さんは沖縄の自然に感動しつつ
その背景で昔あった戦争についてとても考え
させられたと聞いてます。

そんな沖縄思いの作者、灰谷さんは星砂のぼうやや
お話しを通して平和の尊さを訴えてる様に感じました。

前半は星砂の母子のほんわかした雰囲気
後半はいのちの尊さを描かれてます。
実際にみた星砂の浜を思い浮かべながら
作者からのメッセージを感じました。
(かおりせんせいさん 30代・ママ 女の子8歳、男の子5歳)

出版社おすすめ


灰谷 健次郎さんのその他の作品

角川つばさ文庫 兎の眼 / 我利馬の船出 / 子どもになりたいパパとおとなになりたいぼく / なんやななちゃん なきべそしゅんちゃん / 先生はシマンチュ一年生 / 101人のかみさま

坪谷 令子さんのその他の作品

ギュッてして / ヒロシマのピアノ / ホラーハウスは海からいっぷん / 満月の百年 / 島物語5 とべ明日へ / 島物語4 ほほ笑みへかけのぼれ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

星砂のぼうや

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット