宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
にせニセことわざずかん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

にせニセことわざずかん

  • 絵本
作・絵: 荒井 良二
出版社: のら書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年
ISBN: 9784931129207

5歳から大人まで

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ふだん何気なく使っていることわざが、大変身! ことわざで遊びながら、ことばのおもしろさにも出会える、子どもから大人まで楽しめる、ゆかいでへんてこなことわざ絵本。

ベストレビュー

ニセがお気に入り

本物のことわざと、荒井さんアレンジのニセことわざが併記されています。

もともと、ことわざ大好きなうちの娘ですが、ニセことわざは、さらに気に入ったようです。
「みて〜笑」と何度も見せに来たり、「なんでやねん笑」とツッコんだりしてました(笑)

わたし的には、「ニセにも一理アリ」という感じです(笑)
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


荒井 良二さんのその他の作品

まよなかのおならたいかい / きょうはそらにまるいつき / チロルくんのりんごの木 / そりゃあもう いいひだったよ / こどもる / ひゃくえんだま



『みずとは なんじゃ?』鈴木まもるさんインタビュー

にせニセことわざずかん

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット