大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
わたしのきもちをきいて 1.家出
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わたしのきもちをきいて 1.家出

  • 絵本
作・絵: ガブリエル・バンサン
訳: もり ひさし
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年
ISBN: 9784892386671


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

忙しすぎて子どもと話す時間もない両親に、いつも寂しい思いをしている少女。ある日、家を出ることを決意し、森へむかいますが……。多感な少女の微妙な心のうごきを見事にとらえた秀作。

ベストレビュー

疎外感で破裂しそうな心象風景

家出したいと思い込んでしまうほど、追いつめられた女の子の心の叫びが響いてきます。
忙しすぎる両親から相手をしてもらえない女の子の孤独感。
女の子は家出しようと、家を飛び出します。
自己弁護しながら、両親を突き放そうとしながら、目指すのは行ったこともない遠い森。
でも、森にたどり着いたら、もう一度自分の気持ちをわかってもらおうと、手紙を書くことにします。
手紙を書くために、家に戻らなければと女の子は思います。
女の子は寂しいのだけれど、家族にもっと相手をしてほしいのです。
今度は、帰りたいけれど帰り道がわからなくなってしまった自分に気づきます。
でも…。
最後のシーンでは、女の子は迎えに来てくれたお父さんに抱きかかえられています。
バンサンがみごとに表現した心象風景です。
同じ夢を繰り返して見なくて済むように、女の子の手紙が両親に届ければ良いなと思いました。

(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ガブリエル・バンサンさんのその他の作品

くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ / くまのアーネストおじさん ラッタカ タン ブンタカ タン / くまのアーネストおじさん こわかったよ、アーネスト / 小天使ブリュッセルをゆく・・・ / くまのアーネスト セレスティーヌの おいたち / くまのアーネストおじさん セレスティーヌのこや

もり ひさしさんのその他の作品

はらぺこあおむし 日本語版40周年記念限定版 / フリップフラップえほん はらぺこあおむし / はらぺこあおむし+ぬいぐるみギフトセット / ビッグブック パパ、お月さまとって! / てんじつき さわるえほん こぐまちゃんとどうぶつえん / ぞうはわすれないよ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

わたしのきもちをきいて 1.家出

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット