そうべえときじむなー そうべえときじむなー そうべえときじむなーの試し読みができます!
作: 田島 征彦  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
「じごくのそうべえ」シリーズ、7年ぶりの新刊!今度は琉球へ
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
夜がくるまでは
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

夜がくるまでは

作: イヴ・バンティング
絵: デヴィド・ウイーズナー
訳: 江國 香織
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,260 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「夜がくるまでは」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

<品切れ重版未定>

作品情報

発行日: 1996年
ISBN: 9784892386190


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

ベストレビュー

モノクロの絵が秀逸

絵がデイヴィッド・ウィーズナーによるものだったので読みました。
1956年生まれのデイヴィッド・ウィーズナーは、2002年「3びきのぶたたち」2007年「漂流物」でコールデコット賞を、1989年「フリーフォール」1992年「かようびのよる」2000年「セクター7」でコールデコット賞オナー賞を受賞しています。

西洋建築物に見られるガーゴイル(gargoyle)は雨樋から流れてくる水の排出口、建物の終端として設置されている悪魔怪物の石像のこと。
外に大きく突き出ている「ガーゴイル」が多いのは、雨水が石壁を伝って流れることで壁にある彫刻を侵食するのを避けるためだそうです。

物語は、夜になるとガーゴイルが徘徊するというもの。
それが、悪さをするのではなく、公園で仲間同士でぼやきあったりするというもの。
そのエピソードが笑えます。
雨樋だから落ち葉で喉が詰まるとか、大時計の傍で煩いとか、鳥の糞がたまらないといった、成る程と頷けるものです。
ぼやきたくなるもの無理はありません。

モノクロの絵は、ウイーズナーらしさが溢れていて、ガーゴイルの特徴を余すところ無く表現しています。
やはり、モノクロだから良いのでしょう。

文章に難しい言葉が多く、抒情詩のような雰囲気があるので、小学校高学年くらいが自分で読む類の絵本だと思います。
(ジュンイチさん 40代・パパ 男の子12歳、男の子6歳)

出版社おすすめ


イヴ・バンティングさんのその他の作品

わたしの おひっこし / いつかどんぐりの木が / くまふうふのバレンタイン

江國 香織さんのその他の作品

ぼくにまかせて! / 江國香織童話集 / とてもとてもサーカスなフロラ / ゆき、まだかなあ / ナイアガラの女王 / 100万分の1回のねこ



おやすみ前にぴったりの絵本!本をなでたり、ゆらしたり♪

夜がくるまでは

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17




全ページためしよみ
年齢別絵本セット