バスていよいしょ バスていよいしょ
作: 重松 彌佐 絵: 西村 繁男  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?
【出産のお祝いに】絵本みたいなカタログギフト「おめでとセレクション」
ボクふねにのる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ボクふねにのる

作・絵: 柳原 良平
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ボクふねにのる」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年
ISBN: 9784333020799

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

大きな船には楽しいことがいっぱい。パーティーでは、船長さんとご挨拶。ラウンジでの音楽会、操縦室の見学、甲板ではプール遊び……。夜の海は、星空も最高! 船を愛する著者が贈る、船の秘密と魅力満載の絵本。

ベストレビュー

すっかりお気に入りに!

乗り物にあまり興味を示さない1歳の息子に、「男の子なんだから少しは…」と思って船の本を借りたつもり。
でもずっと船の絵が出てくるわけではなく(実際は船の中の絵なんだけど、たぶん息子の視点からはそうは見えないだろう)淡々と客船で過ごす様子がつづられている。
想像してたのと違ったな〜と思っていたのになぜか息子はすっかり気に入ってしまった!
何度も何度も繰り返し読めと持ってくる。確かに味のある絵で、私的には好きなんだけど、息子に何が受けているのか、よく分からない。でもこんなに気に入っているなら買ってあげないとな〜、と思っている。
(さなぼんさん 30代・ママ 男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


柳原 良平さんのその他の作品

ミニえほん やさいだいすき / ミニえほん かお かお どんなかお / あのほしなんのほし / 十二支のしんねんかい / どんぶらどんぶら七福神 / むにゃむにゃきゃっきゃっ



40作以上の児童文学が絵の中に!『本の子』翻訳者 柴田元幸さんインタビュー

ボクふねにのる

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット