宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

きみーさんの公開ページ

きみーさんのプロフィール

ママ・30代・愛知県

きみーさんの声

441件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う なんでも食べる  投稿日:2019/01/16
ノンタンスプーンたんたんたん
ノンタンスプーンたんたんたん 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
ノンタンシリーズは、子供の反応がとてもよいです。
言葉がリズミカルに読めます。
題名から、このお話は食事に関することだと思いましたが、内容のスケールが段々大きくなっていきます。
子供は食べ物の好き嫌いがありますが、この絵本を読んで、何でもたくさん食べてくれるようになればいいなと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う まてまて  投稿日:2019/01/16
ノンタンボールまてまてまて
ノンタンボールまてまてまて 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
ノンタンシリーズは、子供の反応がとてもよいです。
言葉もリズミカルに読めます。
このお話は、ボールが転がって、ノンタンがひたすら追いかけるお話です。
この絵本を読んだ後、子供が、「まてまて」という言葉を使いたがりました。
何度も読んでアピールをしてきました。とても気に入ったようです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 「でかでか」って何だろう  投稿日:2019/01/16
ノンタンでかでかありがとう
ノンタンでかでかありがとう 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
ノンタンシリーズは、子供の反応がとてもよいです。
言葉もリズミカルに読めます。
題名を見て、何が「でかでか」なのかなと思って読みすすめました。
おえかきの「でかでか」。お礼の言葉を大声での「でかでか」でした。
ノンタンの妹が登場します。
ノンタンが妹に怒って、妹をかばった友達にもイライラ・・・。
それでも、友達達の行動が素晴らしいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 兄弟愛  投稿日:2019/01/16
ノンタンいたいのとんでけ〜☆
ノンタンいたいのとんでけ〜☆ 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
ノンタンシリーズは、子供の反応がとてもよいです。
言葉もリズミカルに読めます。
誰もが一度はやったことのある「いたいのいたいのとんでけー」。
それを言ったことによって起こる騒動がえがかれています。
ノンタンは、妹が可愛い反面、ケンカもします。
でも、いざとなったら必死に妹を守る姿に、ちょっと感動しました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 兄と妹  投稿日:2019/01/16
ノンタンいもうといいな
ノンタンいもうといいな 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
ノンタンシリーズは、子供の反応がとてもよいです。
言葉もリズミカルに読めます。
今回、ノンタンの妹が登場します。
ノンタンは、妹が大事だけれども、友達と遊びたい。
妹は幼すぎて、言うことを聞きません。
ノンタンとタータンを見ていて、実際の兄弟ってこんな感じなのかなと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 猫だから  投稿日:2019/01/16
ノンタンあわぷくぷくぷぷぷう
ノンタンあわぷくぷくぷぷぷう 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
ノンタンシリーズは、子供の反応がとてもよいです。
言葉もリズミカルに読めます。
ノンタンは、お風呂が大嫌い。
読みながら、ノンタンって猫だからお風呂が嫌いなのか!と妙に納得してしまいました。
お友達が楽しそうにシャワーをしていきます。
この時、誰かあてるようなクイズ形式で進んでいくので、お話とともに答えをあてることも楽しめます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う うんちトレーニング  投稿日:2019/01/16
うんちがぽとん
うんちがぽとん 作・絵: アロナ・フランケル
訳: さくま ゆみこ

出版社: アリス館
トイレトレーニングの為、手にとってみました。
おしっことうんち、両方かかれていて、オムツからおまるへチャレンジするお話です。
おまるが外国風なのか、昔風なのか、壷っぽいものでかかれています。
一度、おまるで失敗してしまいますが、子供が「できそう!」と思ったときに、はじめて成功します。
トイレトレは、子供の気持ちとタイミングが重要なのだと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 猫とおすし  投稿日:2019/01/16
ノラネコぐんだん おすしやさん
ノラネコぐんだん おすしやさん 作: 工藤 ノリコ
出版社: 白泉社
ノラネコぐんだんシリーズです。
おすしを食べたいノラネコぐんだんは、真夜中におすしのレーンを細工して、おすしを食べようとします。
一度失敗をして、懲りずにまた細工をしようとして・・・
シリーズ物なので、ストーリーの流れのお約束を守りつつ、悪いことをしてはいけないメッセージをコミカルに書いています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ノラネコ軍団のあいうえお  投稿日:2019/01/16
ノラネコぐんだん あいうえお
ノラネコぐんだん あいうえお 著者: 工藤 ノリコ
出版社: 白泉社
あいうえお本だったので、どんな内容か気になり、手に取りました。
この絵本は、1歳でははやすぎました。
もう少し大きくなったら、楽しめると思います。
1ページ1ページに沢山の細かいイラストと言葉が書かれていて、じっくり読みたいです。
ノラネコぐんだん好きにはおすすめです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う におい  投稿日:2019/01/16
くんくん、いいにおい
くんくん、いいにおい 絵: たしろ ちさと
出版社: グランまま社
ネットで1歳向きの絵本のおすすめを探していた時に、知った絵本です。
「におい」って子供に説明するのが難しいなと思った1冊です。
絵本では、このにおいはこうだという表現がないので、自分の言葉でどう説明していいのかなと思いました。
分かるにおいは説明できますが、子供が実際に体験した時に教えてあげようと思いました。
参考になりました。 0人

441件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

大きくて愉快でだいすきなパパへの気持ちが絵本になりました

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット