もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
これははこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

これははこ

作・絵: 五味 太郎
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「これははこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年
ISBN: 9784265902149

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

屋根や窓がある大きい箱は,家。あまり見てると怒られる箱は,テレビ。おたのしみの箱は?いろんな箱をさがしてみようよ!

ベストレビュー

面白いはこ!

五味さんの絵本で目に付いたので図書館から借りてきました。
3歳と8歳の娘たちと読みました。

「これははこ」から始まって、
「これもはこ」「○○のはこ」といった具合に箱が一つずつ紹介されていきます。
ページをめくると箱の正体がわかる、といった感じです。
この正体がわかった時の説明がおもしろい(^^)♪

「冷たいはこ」の正体は冷蔵庫なんですけど、
その説明が「あまりあけるとおこられるはこ」だなんて笑っちゃいました!

「これはなんのはこかな?!」とクイズみたいにしながら読んでいきました。
娘たちは「こんがりのはこ」の答え(トースター)はわかりませんでしたが、
3歳の娘でも答えられるので楽しんでいました。
親子でなるほど〜!と思ったのが、「さがしてとりだすはこ」♪

発想の転換というか、視点を変えると
こんな身近なはこたちが、こんな風に表現できるんだ〜!と
とてもおもしろかったです。

いろいろシリーズで出ているようなので、
他の絵本も読んでみたいなと思いました(^^)。
(ゆりわんちゃんさん 30代・ママ 女の子8歳、女の子3歳)

思考と創作の秘密を詰め込んだ永久保存版。『五味太郎絵本図録』五味太郎さんインタビュー

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


五味 太郎さんのその他の作品

そらとぶガムガム / カッターであそぼう! / 色の紙の本 / CUT AND CUT! キッターであそぼう! / 行ったり来たり大通り / つくえはつくえ



>絵本エイド ―こころにひかりを―

これははこ

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット