新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
ロングセラー
じっちょりんのあるくみち

じっちょりんのあるくみち(文溪堂)

春のみち、下を向いて歩くのが楽しくなる絵本。

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
ビリーはもうすぐ1ねんせい

ビリーはもうすぐ1ねんせい

  • 絵本
作: ローレンス・アントホールト
絵: キャスリン・アンホールト
訳: 松野 正子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1997年05月
ISBN: 9784001106305

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ビリーは明日から小学1年生.学校ではなにをするんだろう? 友だちはできるかしら? 先生はやさしいかな? 楽しみと同時に不安がだんだんとひろがっていきます.そこに大きい鳥に追われた子どものスズメがとびこんできて….子スズメのせわをするうちにビリーの気持も落ち着きます.幼い子の心のゆれを見事に絵本化.

ベストレビュー

我が子ももうすぐ1年生

ビリーはもうすぐ1年生。でも・・・
くつのひもをひとりでむすべるかな
学校でまいごにならないかな
なきだしたらどうしよう・・・と心配なことばかり。
そして、とりだったらよかったなとまで思うのでした。そんなビリーのところにやせこけた一匹のこすずめがきました。ビリーは元気になるようにこすずめの世話をしてあげました。そして、とうとう学校へ行く日がきました。その日の朝こすずめも元気になり、お母さんはビリーにいいました。「はなしてやりましょう。こすずめもひとりでとんでいかなくちゃいけないのよ」って。ビリーはお母さんから言われたことをこすずめに話しました。「ぼくとおんなじようにね・・・」と付け加えて。ビリーはくつを履きカバンをかけて元気に学校へいったのです。もちろんその後もビリーは学校へ元気にかよって友達もできましたよ。私は息子にこの絵本を読んであげたいと思っていました。だって、息子ももうすぐ1ねんせいなのですから・・・。
(たまっこさん 30代・ママ 男の子5歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松野 正子さんのその他の作品

ももと こだぬき / なきたろう / にわとり城 / ちゃいろいつつみ紙のはなし / 特装版 思い出のマーニー / まっててね


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > ビリーはもうすぐ1ねんせい

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【ひさかたチャイルド】

ビリーはもうすぐ1ねんせい

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.08

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット