しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
チョロコロトロりんごのくにへ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

チョロコロトロりんごのくにへ

  • 絵本
作・絵: nakaban(ナカバン)
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「チョロコロトロりんごのくにへ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年06月
ISBN: 9784052030369

A4変型 32頁

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ありんこ探検隊のチョロ、コロ、トロが山道で大きなりんごを発見。「よし、今日はこのりんごを探検する!」「さんせい!」3人でリンゴを掘りながら進んでいくとそこには…。りんごの中に思いもかけない世界が広がり、ドキドキの探検が楽しめる一冊です。

ベストレビュー

ちょっとした、探検?

7歳の兄ちゃんと、3歳の弟が二人で「これ」って持ってきました。

ポンポンとスタンプを押したような絵柄で、
ありんこ探検隊のチョロ隊長と、コロ、トロ隊員が
道に落ちていたリンゴを探検して・・・というお話。

リンゴの中をスコップで掘りながら食べながら進んでいって、
リンゴジュースの海を渡ったら・・・そこはリンゴの国。

家も噴水もバスもお城も人も、み〜んなリンゴ。

リンゴのお城にやってきた探検隊の3人は、

アップルパイの柱をパリパリつまみぐいして・・・

りんごの王さまから怒られてしまいます。


にげろ〜!!って逃げるところが迷路になっていて
兄ちゃんも弟も「ココをこう行って〜」と大喜び。

木版画のような、スタンプで作ったみたいな絵が
なんとも不思議なお話によくあってます。

ありんこ探検隊が載っている表紙の絵だけだったら
「う〜ん、ちょっと」と却下するとこでしたが
読んでみたら私も面白かったです。

私の好みで選ぶのもいいけど、たまには子供が選んだ本というのも
読んで見なきゃな〜と反省した一冊でした。
(わにぼうさん 30代・ママ 男の子7歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

nakaban(ナカバン)さんのその他の作品

フランドン農学校の豚 / はこ / うみべのいす / わたしは樹だ / ぞうのびっくりパンやさん / よるのむこう



魔法のぐっすり絵本『おやすみ、ロジャー』第2弾!

チョロコロトロりんごのくにへ

みんなの声(5人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット