なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
はらぽこおやむしさん 40代・ママ

さすがです!!
さすがヨシタケシンスケさん!とっても面…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
さだおばさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

さだおばさん

作・絵: 原田泰治
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1994年09月
ISBN: 9784062072786

ページ数:39

出版社からの紹介

行商のさだおばさんが小さな森林鉄道の駅長さんに。“さださ”と村の人たちとのふれあいを暖かく描く。

ベストレビュー

懐かしい風景と哀愁

原田泰治の数少ない絵本の1冊です。
今では私もピンとこない信州の山奥の森林鉄道のお話ですが、とても抒情豊かな物語になっています。
行商のさだおばさんは、森林鉄道を使って山奥に出かけてくる行商のおばさんでした。
戦死したご主人を思いつつ、森林鉄道に乗って山奥に住んでいる人たちに生活用品や食料を運んでいました。
そのさだおばさんが、森林鉄道の駅長さんを引き受けることになります。
さだおばさんは人々からとても好かれているのですが、春先の雪崩に命を失ってしまいます。
今はもうないという森林鉄道のお話。
原田泰治が日本各地を回って描く日本の原風景の中に盛り込んだ物語、とても哀愁を感じました。

この絵本は、さだまさしと原田泰治の出会いの一冊だということです。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。

原田泰治さんのその他の作品

やまのおみやげ / やまのおみやげ / とうちゃんのトンネル



『こどものとうひょう おとなのせんきょ』かこさとしさんインタビュー

さだおばさん

みんなの声(4人)

絵本の評価(4

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット