1日10分でせかいちずをおぼえる絵本 1日10分でせかいちずをおぼえる絵本
作: あきやま かぜざぶろう  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ライオンはドイツ、獅子舞は中国、クジラはロシア…… 世界中の国々の場所と大きさが、かわいいイラストでたのしくおぼえられる絵本。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
あまがえるさん、なぜなくの?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あまがえるさん、なぜなくの?

  • 絵本
作: キム・ヘウォン
絵: シム・ウンスク
出版社: さ・え・ら書房

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年07月
ISBN: 9784378041223

幼児〜

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

むかし、かあさんの いうことをきかない 
あまがえるのこが いました。
このこは だいの へそまがり。
かあさんが なにをいっても
はんたいのことばかり していたのです。

ベストレビュー

絵が生き生きしてます。韓国の昔話です。

『2005年 少年韓国日報優秀賞』
『2006年 韓国出版文化大賞』を取っている作品です。
原作はもともと韓国に伝わっている昔話です。
たぶん韓国から伝わってきたのだと思いますが、日本にも似たような昔話があったような気がします。
“あまがえるが雨の日になく訳”は実はこういう事なんですよ〜というおはなしです。
日本語訳もひらがなのみで、字の感覚も大きめに空いていて言葉も簡潔に書かれているので、小学校の低学年くらいからでも楽しくひとり読みできそうです。

絵は、韓国で活躍中の画家シム・ウンスクさんでかえるたちの動き回る姿が軽快に描かれています。
きっとご本人が楽しく書かれたから、この絵本全体からいきいきとした雰囲気が伝わってくるのだと思います。
絵をじっと見ていると、
あまがえるの背景に描かれている草や岩などに表情が見えてきます。
特にお母さんが死んでケロケロ泣いているシーンで、あまがえるの子が掴まっている岩からは優しい顔がのぞいているように見えました。
私はこの絵本の中で、このページの岩が一番好きです。

ちょっぴり教訓的な内容ですが、素直に楽しめます。雨の時期にお子さんたちに読んであげてはいかがでしょうか?
読み聞かせに使うなら、56歳くらいから小学校中学年くらいのお子さんに特におすすめします。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子21歳、女の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『こねて のばして』ヨシタケシンスケさんインタビュー

あまがえるさん、なぜなくの?

みんなの声(8人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット