もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
わたしはだあれ?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わたしはだあれ?

作: ハミド・トラブリー
訳: 神沢 利子
出版社: (不明)

本体価格: ¥362 +税

「わたしはだあれ?」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年05月

2才〜4才向き
ページ数: 24 サイズ: 21X20cm こどものとも年少版 2001年5月号

出版社からの紹介

オレンジがヘビやカエル、買物かごになるし、りんごとマッシュルームでできた目ざまし時計が散歩に出かけます。身近な野菜や果物が見事に次々と変身!ひとつひとつの作品がセンス良く、愛情豊か。イランの作家の作品を、神沢さんのユーモラスな文章が、日本の幼い読者にぐっと引きつけてくれました。絵本の中から、いろいろな生き物が読者に話しかけてきます。

ベストレビュー

こんなにおもしろい動物に変身できるんだ

くだものや野菜をつかって いろんな動物に変身
なすで あおさぎが なすもこんなにおもしろい形があって 見逃さずに  造形にヘンシンできるんですね
見る目が柔軟だな〜
ねぎたこなんか 目を付けるだけで生きるんですね
バッタ カタツムリは もものおもしろい部分が生きている
たのしいな〜
物を見る目の柔軟さが 豊かにしてくれるのに 感心しました
物の見方の不思議 たのしいいね〜
 こんなにいろんな動物になれたら

こどもたちなら 柔軟な目で素直にはいっていくように思います
(にぎりすしさん 50代・その他の方 )

出版社おすすめ


神沢 利子さんのその他の作品

うすむらさきの花の下は? / おばあさんのひっこし / やさいのともだち / しあわせなワニくん かんちがい レストラン / しあわせなワニくん あべこべの1日 / くじらのあかちゃん おおきくなあれ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

わたしはだあれ?

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット