ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
世界のお話傑作選 十二の月たち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

世界のお話傑作選 十二の月たち

  • 絵本
文・絵: 出久根 育
再話: ボジェナ・ニェムツォヴァー
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2008年12月
ISBN: 9784039639004

5歳から
29cm×25cm・40ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

善良なマルシュカと、自然をつかさどる十二の月たちのお話。マルシャークの戯曲『森は生きている』も、この類話がもとになっている。

ベストレビュー

自然の厳しさ

スロヴァキア地方に伝わる民話を再話した作品。
他にも内田莉莎子さん再話の『12のつきのおくりもの』があります。
善良なマルーシュカは、まま母とその娘ホレナから激しい嫉妬を受け、
厳寒の冬の森へ行かされます。
でも、不思議な12の月に出会い、無事帰り着きます。
何度もされるいじわると、そのたびに繰り返される不思議な出来事。
民話らしいリズムが心地良いです。
あとがきにも書かれてありますが、
この作品では、大自然の持つ厳しい冬の森の様子がとても強調されています。
画面いっぱいに描かれた雪の様子から、その凍てつく様子が伝わってきます。
どこまでも清純で働き者のマルーシュカの様子にも心が洗われるようでした。
(レイラさん 40代・ママ 男の子16歳、男の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

出久根 育さんのその他の作品

街角には物語が・・・・・ / いたずらこやぎと春まつり / 岩波少年文庫 お静かに、父が昼寝しております ユダヤの民話 / 宮沢賢治の絵本 ひのきとひなげし / トロルとにひきのいたずらこやぎ / あめふらし



きりぬき人形で立体的に再現☆メリーゴーラウンド型しかけ絵本

世界のお話傑作選 十二の月たち

みんなの声(5人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 1
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4

パパの声 1人

パパの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット