十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
The Little House(ちいさいおうち)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

The Little House(ちいさいおうち)

  • 絵本

作品情報

発行日: 1978年4月
ISBN: 9780395181560

U.S.定価 $ 14.95
この作品の別エディション(洋書)
ソフトカバー版(やわらかい表紙の絵本)


翻訳作品
ちいさいおうち

この作品が含まれるテーマ

洋書に関する情報

ハードカバーの絵本です。縦 23.3 x 横 25.1 x 厚さ 1.2(cm) 言語:英語

おはなし

むかしむかし、静かな田舎に、きれいなで丈夫な小さい家がありました。小さい家はのどかな田舎で移り行く季節を楽しんでいました。小さい家は遠くの街の明かりを見て「まちにすんだらどんな気持ちがするものだろう」と思いました。
ある日、馬の引っ張っていない車(自動車)が現れました。それからトラックだのローラー車だのがやってきて、家のまわりはすっかり街になってしまいました。どんどん開発が進み、両側に高層ビルが建ち...それでも小さい家はそこにありました。壁や屋根は昔のようにちゃんとしているのに、ボロボロになってしまいました。
ところがある春の朝に小さい家の前を通りかかった女の人が、小さい家を救います。
(翻訳作品より転載)

みどころ

全ページを通じて、ずっと小さい家を中心にした構図で描かれており、小さい家の周りが変わっていく様子が印象づけられています。都会に生活する人間なら、この小さい家の気持ちがとてもよくわかるでしょう。本当に大切なものは何なのか...そんなことを考えさせられる絵本です。「いなかでは、なにもかもが たいへん しずかでした」という最後の一文が胸の奥まで届きます。ちいさな子供も感じるものがあるでしょうが、あえて大人の方に読んで欲しい1冊です。
(翻訳作品より転載)

ベストレビュー

縦長と横長

自宅に『岩波こどもの本』シリーズの「ちいさいおうち」があります。乗り物好きな息子は、馬車から始まって自動車、働く車、列車と移り行く乗り物が大好きで、よくジーっと見入っていました。洋書に興味を持ってこの本を購入したきっかけは「翻訳の本と絵の比率が違う」ということでした。『岩波こどもの本』は縦長の本で、絵が省かれているところがあります。また、文字の配置も違っています。文字で書いてしまうとこれだけのことなのですが、受ける印象は大きく違います。縦長と、横長、比べてみると違う発見があって面白いと思います。
(ドドンパさん 30代・ママ 男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

バージニア・リー・バートンさんのその他の作品

せいめいのれきし 改訂版 / ビュンビュンきしゃをぬく / はだかの王さま / 英日CD付 英語絵本 いたずらきかんしゃちゅうちゅう CHOO CHOO / マイク・マリガンとスチーム・ショベル / 名馬キャリコ



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

The Little House(ちいさいおうち)

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット