もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
おめでとう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おめでとう

作: 広松 由希子
絵: 茂田井 武
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥950 +税

「おめでとう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年03月
ISBN: 9784062153317

B24取・24ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

茂田井武の1枚の絵が、絵本になりました
入園、入学、誕生日、就職、結婚、お正月……「おめでとう」のきもちを贈る絵本
最後のページに、お祝いしたい人の名前を書きこめます。
「全世界、全宇宙、さらにもっともっときりのないものの幸福をこそ念(おも)いたい。」――茂田井武
                                      





ベストレビュー

しあわせを願って、「おめでとう」

いろいろな国の人たちや動物たちが小さく描かれている表紙、16cm×16cmの正方形に近い手のひらサイズ。思わず手にとってしまう絵本です。
この絵本は、「キンダーブック」1957年1月号に掲載された、茂田井武さんの「おめでとう」という絵をベースに再構成されて作られています。
ページをめくるたびに、あいさつをする動物や民族衣装をまとった人たちも、「おめでとう」とあいさつをかわしています。着物姿の日本人の女の子もいますが、この「おめでとう」はお正月のあいさつなどではなく、もっと大きなレベルの「おめでとう」でした。
世界中の人が、こんな風にあいさつができたなら、きっと幸せに違いないと茂田井さんは考えて描かれたに違いありません。
お母さんと一緒に幼い子どもたちに手にとってもらいたい絵本です。

ささいなことですが、表紙と裏表紙を広げると原画に近くなりますが、バーコードがそれを邪魔していて、とても残念です。
(はしのさん 40代・パパ 男の子14歳、女の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


広松 由希子さんのその他の作品

さむがりペンギン Pengouin glace / おばあちゃんはだれににているの? / きょうの絵本 あしたの絵本 2001から2012の新刊案内 / いまむかしえほん(11) いっすんぼうし / いまむかしえほん(10) ききみみずきん / いまむかしえほん(9) わかがえりの水

茂田井 武さんのその他の作品

ton paris / 山ねこホテル / ねずみ花火 / ドリトル先生アフリカへいく / ぞうとケエブル・カー / 茂田井武画集・古い旅の絵本



ねえ、「コワイ」って、もってる?

おめでとう

みんなの声(4人)

絵本の評価(4

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット