もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
紙芝居 おんぶおんぶ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 おんぶおんぶ

  • 絵本
詩: 武鹿 悦子
絵: 相野谷 由起
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「紙芝居 おんぶおんぶ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2009年08月
ISBN: 9784494079643

0・1歳〜
B4判・26.5×38.2cm・8場面

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

おんぶバッタが、ぴょーんととんだ。かえるもおんぶして、いっしょにぴょーん、池にぽっちゃーん、すーいすい。
かめさんもおんぶ。そこへもういっぴき、かめさんがやってきて「おんぶにいれて」。
おんぶにおんぶして、ねむねむねむ、くーすーぴー。

ベストレビュー

おんぶしてる親子の姿が可愛い

武鹿さんの文章はとても好きです。言葉の選び方が優しいです。
心地よいリズミカルな文が好印象です。
この紙芝居は小さなお子さん向きで、「あかちゃんかみしばい 1歳過ぎから」と書いてあります。
親子(とは限らない場合もありますが)でおんぶしている姿を見ることの多い生き物、かえる・バッタ・かめが登場します。

相野谷さんの絵がこの紙芝居の世界にとても合っていました。
個人的には一番最初に登場するバッタの親子が特にかわいかったです。
8場面で、1場面1場面の文章も短いので、小さなお子さんから十分楽しめます。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子21歳、女の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


武鹿 悦子さんのその他の作品

のねずみくんのおはなし とんこととん / くすのきだんちのあめのひ / くすのきだんちのあきまつり / おかあさんのいのり / おはなし ねんねんねん / おそろい おそろい

相野谷 由起さんのその他の作品

うさぎのさとうくん こうちゃのうみ / ぷちぷちまめこ / 紙芝居 いいものなんだ? / わたしはいまとてもしあわせです 難病のともだちからあなたへ / がんばれ けろファミリー! / ものづくり絵本シリーズ どうやってできるの? とろーりあまい!はちみつ



押して振ってこすって…全身で楽しむ絵本!

紙芝居 おんぶおんぶ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット