新刊
ふるかな ふるかな?

ふるかな ふるかな?(評論社)

雨はふるかな ふるかな? まだかな まだかな?

  • かわいい
  • ギフト
新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜 (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 盛り上がる
ムジナ探偵局(3) 闇に消えた男

ムジナ探偵局(3) 闇に消えた男

  • 児童書
作: 富安 陽子
絵: おかべ りか
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2007年09月
ISBN: 9784494014323

出版社のおすすめ年齢:中学年〜
18.8×12.8cm 216頁

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

屋敷から姿を消した謎の男。七年後にかかってきたその妹からの電話。
足跡も残さず消えた侵入者。ムジナ探偵と源太、怪事件に挑戦!

ベストレビュー

妖怪もので推理ものの「密室事件」

上の子が小学校に、1巻だけ読んだことがあるので、続きが読みたいといって、借りてきたら、私の方がハマって、子どもたちより先に読んでいます。
でも、上の子とわたしが読んでいたら、下も、読みたい!!といって本を持っていったので、思わぬ効果を得ました。
下の子は、おりべりかさんのイラストを見て、
「この主人公の子ども、顔が怖いよ〜」と、わがままを言いながら読んでいました。
なにしろ「妖怪系」専門の探偵シリーズですから、
イラストは少々おどろおどろしいです。

1冊で短編読みきりになっているので、シリーズのどこから読んでも、話がまるでわからない。と、いうことはありません。
(多少、シリーズ全編を通してちょこちょこ登場するキャラクターはいますが、物語はどこから読んでも分かるようになっています。と、思います)

今回の話は、推理小説にはありがちな「密室事件」が、軸になっています。
まぁ、妖怪ものでもあるので、「密室」には「意外な事実」が隠されているわけですが、
ストーリーのテンポもよく、男の子でも、女の子でも読みやすい話だと思います。
行間や字の大きさを考えると、お薦めは小学校の中学年から高学年のお子さんかな?
妖怪ものが好きな子、推理物が好きな子、どちらでも満足できる作品だと思います。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子15歳、女の子10歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,045円
1,100円
3,300円
1,430円
1,320円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,320円
715円
605円
550円

出版社おすすめ

  • まめぞうのぼうけん
    まめぞうのぼうけん
    出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ひとりぼっちの 小さな まめぞうは、大きな海へ とびだしました! 繊細な切り絵の世界は素敵です。



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

ムジナ探偵局(3) 闇に消えた男

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら