ねがえり ごろん ねがえり ごろん ねがえり ごろんの試し読みができます!
作: 斉藤 洋 絵: ミスミヨシコ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ねがえり、できたかな?
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
魔女に会った
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

魔女に会った

作: 角野 栄子
絵: みやこうせい
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年04月
ISBN: 9784834015218

自分で読むなら・ 小学中学年から
ページ数: 40 サイズ: 26X20cm

出版社からの紹介

歴史上の魔女、今も生きている魔女。魔女っていったいなんでしょう。『魔女の宅急便』の著者が、ドイツやベルギーのお祭りを訪ね、ルーマニアに今もいるという魔女を訪ねて、魔女とは何かを探る、とってもおもしろい魔女見聞記です。

ベストレビュー

本物の魔女も出てきますよ!

ハロウィン前の時期に、8歳の息子と読みました。

ヨーロッパに古くから伝わる魔女のお祭りや、
実在するホンモノの魔女を紹介した絵本、
というよりドキュメンタリー冊子?みたいな感じです。

国によって、地域によって、魔女の姿や意義はさまざま。
8歳の息子にはちょっと長かったですが、
それでもいろんな魔女がいて、
そして昔は「魔女狩り」なんて恐ろしい事も行われていたことがわかり、
なかなか惹き付けられていた一冊でした。

特に終盤に出てくる本物の魔女には、親子で注目。
なんだかつっけんどんなしぐさや、
突然明るく笑い出す様子なんて、
とっても人間離れしている!

とにかく全ベージ魔女のことだらけなので、
「この本を書いた人は、とっても、魔女のことが好きなんだねぇ!」と
息子の言葉。
気になって作者紹介を見ると、なんとあの
「魔女の宅急便」の作者です!

キキちゃんみたいなかわいい魔女はなかなかお目にかかれなかった
一冊でしたが、
それでもハロウィンに向けて気分が盛り上がった一冊でした。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


角野 栄子さんのその他の作品

靴屋のタスケさん / シンデレラ / おばけのアッチ おしろのケーキ / じてんしゃギルリギルリ / 魔女の宅急便 特別編 キキに出会った人びと / おばけのアッチ パン・パン・パンケーキ

みやこうせいさんのその他の作品

農家になろう(1) 乳牛とともに / サンタクロースとぎんのくま / もしゃもしゃちゃん / ボリボン



北欧の一休さんことビッケ登場!おやすみ前の読み聞かせにも

魔女に会った

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット