クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ
文・絵: 樋勝 朋巳  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
歴史を旅する絵本 戦国時代の村の生活 和泉国いりやまだ村の一年
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

歴史を旅する絵本 戦国時代の村の生活 和泉国いりやまだ村の一年

  • 絵本

出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥2,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「歴史を旅する絵本 戦国時代の村の生活 和泉国いりやまだ村の一年」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

戦国時代、村人は団結をつよめ、他村とも力をあわせて、きびしい自然や戦乱をしたたかに生きぬきました。近畿地方の村に住む主人公の少年の、波瀾の多い1年間の生活を、当時の記録をもとに再現します。

ベストレビュー

江戸時代以前の暮らし

戦国時代の子どもの目線で、村の暮らしを詳しく書かれています。
子どもの目から見ているので、親近感をもって読めると思いました。
絵本が大きいので見ごたえがあります。

詳しい説明があとがきで書かれてありますが、子どもが自分で読むのは難しそうなので、絵の近くに分かりやすく工夫されていたらよかったと思いました。

当時は農業は百姓だけでなく、侍も農業をしていたそうで、村の若い衆と武装して防衛軍を結成していたようです。
不当なことにも団結して目的を達成していたそうです。
人と人のつながりがなければ、生きていけない時代です。
子どもの役割も大きく、大人の干渉が少なくて、子どもには幸せな時代です。
良いことばかりの時代ではないですが、厳しさも人を強くするのだと思いました。

こんな時代が今の日本の土台になっているのでしょう。
自分たちもこれからの日本の土台となって、子どもたちを支えていけるといいなあと思いました。
(おるがんさん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




約50年前の長新太さんの絵本を新装復刊

歴史を旅する絵本 戦国時代の村の生活 和泉国いりやまだ村の一年

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット